2018-12-29
シエンタのライセンスランプをLED化してみた

ライセンスランプは自分が車を運転する上では暗かろうが明るかろうが関係ないのですが、ハロゲンランプのオレンジ色の光よりも、LEDのパッキリした白色の光がカッコいいですよね!

ということで、バックランプの交換と一緒にライセンスランプもLED化しました。バックドアの内張りを外してランプを交換するだけの簡単作業で、明るくなるのでおススメです!

交換の手順や純正ライセンスランプとの明るさ・色味の比較も行ってみました。今、検討中の方は参考にしてみてください。

今回取付けた車種と商品情報

  • みんカラニックネーム:こんどう。様
  • 取付け車種: シエンタハイブリッド170系
  • 型   式: NHP170G
  • 年   式: 平成28年
  • 取付け商品T10 LEDバルブ5連ホワイト
  • 使用した道具:内張りはがし(無ければマイナスドライバでも可)
  • 作業時間:10分程度(片側5分)
  • 作業難易度: ★☆☆☆☆
  • 作業概要:純正ライセンスランプからLEDバルブに交換

商品の紹介

LEDバルブの商品パッケージ

パッケージ裏面

純正バックランプとのサイズ差(全長)

全長、幅ともにほぼ同じサイズです。(シエンタの取り付けに影響ありませんでした。)

取付け手順

内張りはがしを使用して交換していきます。
(マイナスドライバーでも可)

シエンタの取扱書に記載されている方法は、写真のとおり、外側から精密ドライバーなどを使用してカバーを外し交換する方法が記載されているのですが、この方法だとカバーの爪が折れてしまう可能性があるので、今回はこの方法ではない方法で交換しました。

(バックライトも同時に交換したと理由が大きいですが・・。)

バックドアを開けます。黄色丸印のクリップを外し、黒色の内張りを外します。

クリップは、内張りはがしで外します。上に引っ張るだけで外れます。

すべてのクリップを外し、内張りを外します。黄色丸部分がライセンスランプの箇所です。

【拡大写真】

黄色丸部分がバックランプの箇所です。

写真の矢印の方向に押して、奥に押し込めばユニットごと、はずすことができます。

ユニットをはずしたところです。

カバーを外します。この状態であれば、精密ドライバーを使用することなく、手でカバーを外すことができます。(写真はバルブを交換してしまっている写真です。純正ハロゲンが刺さっている写真は撮り忘れました。)

背の高い人はユニットが付いたまま作業が出来るのですが、背の低い人や作業に慣れていない人は、いったんカプラーを外して作業をすることもできます。

外したとこです。(写真はバルブを交換してしまっている写真です。)

カバーを外したとこです。純正のランプを引っこ抜きます。(まっすぐ引っ張るだけです)

今回の製品をまっすぐ取り付けます。

(写真はバルブを交換してしまっている写真です。)

取り外したカプラーを戻します。

LEDは極性があるので、この状態で点灯チェックします。点灯しなければ、いったん取り外して、180°回転させて取り付ければ点灯するはずです。私は片方のやり直しをしました。

取り付け前に、接触不良が起きないように、写真の黄色丸の端子部を起こしてやった方が良いと思います。

ユニットごと元に戻して完成です。写真のように下からのぞかない限り見えないので、外観は気になりません。

純正ライセンスランプと比較

【純正との比較】

右が純正ライセンスランプ
左がLEDランプ。

【交換後】

LEDライセンスランプ(左右とも交換)

【交換後】バック全景

LEDライセンスランプ(左右とも交換)

取付けた感想

ハロゲンランプのオレンジ色の光よりも、LEDのパッキリした白色の光がカッコいいですね!



シエンタのオーナー様におすすめ記事

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

10%OFFキャンペーン!5/27まで 10%OFFキャンペーン!5/27まで