2019-01-17
【LEDヘッドライト】2019年モデルと2018年モデルを比較

2018年モデルのLEDヘッドライトを以前取付けてみましたが、今回2019年モデルも試す機会があったので、2018年モデル(ファンレス)と2019年モデル(ファン付き)を比較してみました。

皆さんも取付け、明るさがどうのように違うのか気になっていると思いますので、参考にしてみてください。

わたしが比較しました。

  • みんカラニックネーム:丸焼き部長様
  • 取付け車種: ノート
  • 型   式: DBA-E12 MC後期
  • 年   式: 平成29年
  • 取付け商品fcl.製 LEDバルブキット H11 ファンレスタイプ (2019モデル)
          

  • 使用した道具:なし
  • おすすめ工具:なし
  • 作業時間:30分未満
  • 作業難易度: ★☆☆☆☆
  • 作業概要:ハロゲンバルブからLEDバルブに交換
  • 自己紹介
    埼玉県在住、小学3年生の息子と妻の3人暮らしです。愛車ノートは2017年にファミリーカーの買い替えとして新車購入。

    オーディオをちょっと今までよりも本腰入れて弄ってみよう、と思って弄りだしたら、電源を安定させる為にランプのLED化、そして気が付けば内装や外装も手を出してしまっています。

    家族3人での外出や、時々息子と2人でのドライブの他、キャンプや車中泊、妻子が寝た後に好きな音楽を聴いて気分転換したいときの一人ナイトドライブなど、生活の重要な相棒です。

    平日は主に妻が運転しています。あくまでファミリーカーの範疇で、お小遣いの範囲内で細々と弄っています。

1.前提条件

fcl.さんの2019年モデルLEDヘッドライトをレビューする機会を頂きましたので、2018年モデルとの比較をメインにレポートさせて頂きます。

装着するのは、日産ノートE12 2017年式のロービーム、H11となります。同じメーカー製品の比較ということで、配光やカットラインでは差が出ないのではないかと思い、取り付けやすさ、明るさ、そしてファンの音に関して確認してみました。

2.商品特性

箱を開けると、まず日本語説明書が入っており、その下に製品本体が入っています。

日本語説明書がちゃんと付いてくるのは、地味ですが嬉しいですね。タイラップが付いてくるのも、痒い所に手が届く感じです。

fcl.製LEDバルブは先頭にロゴが付いていて、バルブの角度を確認するのにも便利です。ロゴがちゃんと水平になれば、正しい角度で装着できていると思われます。

(一部車種では、ロゴが斜めに位置することがありますが、取付け自体は問題ございません。気になる方は無地のバルブキャップが付属されていますので、そちらをお使いください)

今回はノートE12のロービームに装着しますが、プロジェクターなので残念ながら外からはロゴは見えません。2019年モデルでは、ロゴを隠したい方の為に、カバーも付属しています。

3.バルブ比較

2019年モデルはファンタイプになっています。外観を比較してみます。

左が2019年モデル(ファン付き)
右が2018年モデル(ファンレス)です。

スペック表によると、H11ではバルブ長(ヘッドライト内に収まる部分)は44.6mmから51mmに長くなっていますが、台座の長さは51mmから34mmに、放熱部の直径も43mmから36mmと随分小柄になりました。

後ろからみると、ファンになっていることが分かります。

4.取付

ノートのロービームは防水キャップが付いてますので、これを外して、今付いてるバルブを反時計回りに回して取り外し、新しいバルブの爪を嵌めたら時計回りに回して取り付けます。

ノートのロービーム後ろはあまり広い方ではないと思うのですが、台座が小さくなったので随分挿しやすくなりました。

バルブを入れる穴は、中心ではなくやや上になっています。一番広い爪が2時くらいの角度になるように挿して、ロゴが水平になるように回します。

何より、放熱部の径が小さくなったことで、手を入れやすくなって劇的に楽になりました!数分で作業完了です。

一般にファンタイプはファンレスタイプより小さくなると思ってはいましたが、ファンタイプは音がどの程度か気になって何となくファンレスタイプばかり使ってきましたので、ファンタイプは初めてです。

これほど楽になるとは、予想以上でした。
(ファンの音に関しては後述します)

5.点灯

6.明るさ比較

スペックでは片側2,200ルーメンから2,400ルーメンにアップしたとのことですので、片目状態にしてスマホアプリの照度計で測ってみます。

(距離はいい加減なので、絶対的な数字には意味がありません。相対比較としてご理解ください)

使用したのは、LUX Light Meter FREEという無料アプリです。

2018年モデル:191ルクス

2018年モデル ファンレス

2019年モデル:241ルクス

2019年モデル ファン付き

思っていたよりも差が出ました。体感的にも、明らかに明るくなった気がします。

7.ファンの音を検証

私はカーオーディオに力を入れて静音化も色々と試していますので、ファンの音がどれ程か気になってファンタイプのLEDバルブを敬遠してきました。今回、せっかくですのでファン音についてもスマホアプリで検証してみます。

ここで使用したのはSound Level Analyzerという無料アプリです。20秒間の最低、平均、最大のdB値を記録できます。

まず、ボンネットにスマホ直置きで比較してみます。一番ファンの音を拾えるかと思います。エンジンはオフの状態です。

ヘッドライトオフ時:平均38.6dB

ヘッドライトオン時:平均40.1dB

聞こえるには聞こえますが、気を付けないと気にならないレベルです。次に、ダッシュボード上で比較してみます。エンジンオフの状態です。

ヘッドライトオフ時:平均26.6dB

ヘッドライトオン時:平均30.2dB

エンジンオフ(アイドリングストップ)して音楽流していなければ、聞こえるには聞こえます。が、対応車のすれ違いノイズでかき消されるレベルですし、例えば家で音楽をリスニングしているときにPCやエアコンのファン音が気になるような方でなければ、気にならないと思われます。

私は、全然問題ないレベルだと判断しました。一応、ダッシュボード上でエンジンオン(アイドリング)の状態でも計測してみました。

ヘッドライトオフ時:48.9dB

ヘッドライトオン時:平均47.8dB

数字上は差が出ましたが、エンジン音の方が遙かに大きいので、聞き取り不可能です。

まとめ

最後に総括させて頂きます。

今回の検証趣旨である、fcl.製LEDバルブ 2018年モデルと2019年モデルの比較において、まず取付のしやすさについては2019年モデルは圧倒的に良くなっています!

明るさに関しては、ルーメン数から受ける印象以上に明るく感じました。私が心配していたファンの音に関しては、全く問題ないレベルと判断しました。

これまで数種類のLEDヘッドライトを試してきましたが、私的には今までで最高のLEDヘッドライトだと言えます。



ノート(NOTE)オーナー様におすすめ記事

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで! 大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで!