2019-02-04
HIDフォグからLEDフォグ(2色切り替え)に変えてみて感じたこと

せっかくのHID装着車でもフォグがハロゲンのままだと、見た目、明るさともに満足できない方は多いはず。

私もその一人。

もっとカッコよく。もっと明るくするためにいくつかの方法の中から、一体型HIDキットを取付けていました。

【フォグランプのカスタム方法】
①ハロゲン球のケルビンをHIDに近い物に変更。
 ⇒ケルビンに限界あり。寿命も心配。

②ハロゲンバルブと同形状のLEDバルブに変更。⇒白さは申し分ないが、ファッション性のみ。フォグの実用性なし。

③HIDキットに交換。⇒一体型HIDであれば、ほぼバルブ交換と同じ要領で交換可能。
  バラスト分離型は、バラスト配置の検討が必要。

④コントローラー付きのLEDキットに交換。⇒コントローラー配置の検討が必要。

一体型HIDは大変気に入っていましたが、装着2年半が経ちバーナーの寿命も気になりはじめ、見た目・明るさが落ちてきたので、新しい商品をと考えていたときに、fcl.さんから2色切り替えのLEDバルブ(バイカラーLED)が発売されたとのことで、装着してみまいた。

交換後

わたしが取付けました

取付け手順

【準備】

①fcl.カラーチェンジLEDバルブH11用


②ラチェット、ソケット(10mm)

③コントローラー固定用両面テープ

④車両説明書 ⇒バルブ形状と交換方法を確認。

  ※手元にない場合は、トヨタHPでダウンロードできます。

フェンダーライナーめくり

①車両説明書では、赤丸の3ヶ所ボルトを外してめくるとあるが、何回もめくっていないと中々大変。

※最初のうちは、ライナーが固くてめくれないので、周辺ボルト(青丸)も外して作業が簡単です(1箇所見えてませんがあります)

※純正フロントリップが着いている場合は、黄丸も外した方が良いです。(施工車はモデリスタリップに交換されてるので外れた状態で作業してます)

②力任せに引っ張るとバキバキと鳴って隙間ができます。

※推奨3ヶ所よりもボルトを多く外した方が隙間は大きくなります。

バルブ交換

①コネクターを外します。
②反時計回りに回してバルブを外す。
③fcl.カラーチェンジLEDバルブキットのバルブとコントローラーを繋ぎます。

④車両コネクターとfcl.カラーチェンジLEDバルブキットを繋ぎます。

⑤点灯確認します。

⑥バルブのキリカキを合わせて取付します。バルブを時計回りに回して固定します。

⑦コントローラー固定。軽いので、そのまま入れ込むでも良いが念の為に固定します。バンパー底面固定でも良いがライナーと干渉する可能性も考えてバンパーの赤丸箇所に外装用両面テープで貼付けます。

フェンダーライナー戻し

①ライナーを逆手順で入れます。
②外した箇所のボルトを留め、終了です。

2色切り替えLEDフォグを取付けた感想

ホワイト色

イエロー色

①通常バルブと変わらない交換手順で簡単です。

②シーンや気分に合わせて、ホワイトとイエローに切替が標準のフォグスイッチで簡単にできます。

③今までのHIDと変わらない明るさを維持できてます。

ハロゲンフォグの人はもちろん、HID装着車やLED装着車もカラーチェンジLEDは試してみる価値あるバルブです。



マークxのオーナー様におすすめ記事

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで! 大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで!