fcl.Carlifepedia

2018年06月05日
オフロード車にLEDホワイトは合うのか?それともハロゲンの方が雰囲気を壊さないのか。

レトロな街並みにホワイト色の外灯、室内から明るいホワイトの色が見えたら、すこし雰囲気が壊れますよね。レトロな町並みには白熱電球の色合いが雰囲気壊れず、おしゃれに見え何でも明るく白くすればいいというものじゃないと言われるかたが多いと思います。

私が乗っているランクル70いわゆるオフロード車と言われる車です。レトロな街並みと同じようにオフロード車のヘッドライトは白っぽい色よりも、少し黄色っぽい色の方が車との相性も良いし、見やすいというイメージがあり自分の周りでは、ホワイト色のHIDやLEDは敬遠されがちでした。

  「本当にそうなのか!?」

私としては山の中を走るし、普段は街乗り中心です。そういうオフロード乗りにとっては、ハロゲン色ではなく、ホワイトや少し青みを帯びている色合いのほうが良いんじゃないのか!?

色々と葛藤してきたので、最近ハロゲン色のLEDが登場したという情報が入ったので、LEDのホワイトとハロゲン色、またLEDよりも青みの強いHIDの6000ケルビン、8000ケルビンを取付けてみて比較してみました。

【比較項目】
 ・明るさ ⇒ 山の中での走行時に必要不可欠
 ・色味  ⇒ オフロード車に合っているのか
 ・運転性 ⇒ 山の中、雨の日、街乗りでも苦なく運転できるのか
 ・取付け ⇒ 手軽に交換できるのか

今後、この記事を読まれているあなたがオフロード車や旧車のヘッドライトを交換する際に少しでも参考になればと思い比較してみようと思います。

自己紹介

■ ニックネーム:ピックアップマニア

上部のコメント欄です。

■ ブログURLhttps://minkara.carview.co.jp/userid/2367267/profile/

■ 記事に対するコメント
とりあえず、自分で出来ることは何でもすると言う事をモットーに車弄りをやっております。足回りの交換や他の物の取付やバンパーやパイプフェンダーも自分でデザインして知り合いの板金屋さんで製作してもらいました。

上記の理由をもとにハロゲンとHID・LEDヘッドライトを比較

【今回使用した商品】


※記事内の商品は廃盤。後継モデルの商品ページです。

全て比べた中で、HIDの8000KはLEDバルブを点けているかと思うくらいの明るさにビックリしました。(特にHIビーム)

明るさ

HID8000K→HID6000K→LED(W)→LED(H)→ハロゲン

【HID 6000K】

【HID 8000K】

【LEDヘッドライト ハロゲン色】

【LEDヘッドライト ホワイト色】

だと感じました。ケルビン数が高くなると暗くなると言われてますが自分は、その様な感じは受けませんでした。LEDも明るいですがHIDには負けてしまいますね。

ちなみにLEDのホワイトとハロゲンで明るさを比較すると

 「HIDやLEDホワイトの明るいイメージがある為か?」
 「ハロゲン球の暗い印象がある為か?」

LEDホワイトの方が明るいとしました。ただ、明るさに限ってはそんなに大きく変わらないと思います。

色合い

一番好みの分かれる所だと思いますが、わたしの場合は、普段街乗りを基本にしていますので四駆でもホワイト色はありだと思います。個人的には青色がすこし入ることで最新の感じがするので、HIDの8000Kがランクル70には相性が良かったです。

特にHIDの始動時から徐々に明るくなって色も変化していく所は、個人的に大好きです。

【HID 6000K】

【HID 8000K】

【LEDヘッドライト ハロゲン色】

【LEDヘッドライト ホワイト色】

運転性

やはり明るければ明るい程運転しやすいかな?自分の場合は、所有する車全てがHIDまたはLEDと言う事もあり白色になれているからかも知れません。(今回の車両も、元々他社のHIDでした)

運転性になるのか微妙ですが、点灯後直ぐに車を発進させないとダメな場合はすぐに立ち上がるLEDの方が良いかと思います。(HIDの場合、点灯直後はMAXの明るさで無い為、すぐの発進は危険ですね)

取付難易度

ハロゲン→LED→HIDで明るさとは正反対の結果です。

LEDに関しては、バルブ後ろの冷却ファン部分が大きい為に、自分の車ではバッテリーケースのBKTを取り外さないと取付が出来ない状況でしたが、HIDの様に安定器等の取り付けを考えなくて良い分は楽でした。

ちなみに、自分の車は全てのバルブ交換でバッテリーの取り外しが必要だったので通常より交換時間が掛かりました。

LEDヘッドライトでハロゲン、ホワイトを比較してみた。この2色でオフロード車に合う色合いは。

意見が分かれると思いますが、オフロード車の雰囲気を壊さないという目的であれば
ハロゲン色がおすすめ。しかし、街乗りやオフロード車でも最新を感じたければホワイト色がよいかなと思います。

まとめ

色々と比較してきましたが、総合的にはHID 8000ケルビンが何と言っても明るいです!特にハイビームは爆光です。取付では一番面倒だが、普通は頻繁に交換する物では無いのでHID 8000Kがオススメです。

明るさと最近主流の白い光がよいですね!雨の日等で使用していないのでそれが気になりますが・・・。

最終的に、自分はH4バルブのドライビングランプもある為、HID 8000Kを使用して様子を見ようと思います。

あと、林道をメインに走る方はLEDヘッドライトのハロゲン色がおすすめです。理由は、雨が降ったり霧が出たりと色々あるのと、オフロード車の雰囲気を壊さない感じが良いと思います。

わたしも雨で見にくければLEDのハロゲン色に変更する予定です。

【今回使用した商品】


※記事内の商品は廃盤。後継モデルの商品ページです。

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2018年06月05日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
カラーチェンジLEDフォグランプ
LEDヘッドライト
LINE
Instagram