2018-05-29
フォグランプにおすすめの黄色はこれ!3種類の黄色バルブを比較してみた!(HID、LED)

親父世代のフォグランプと言えば、黄色バルブと言う方が多いですよね!そんな世代のフォグメーカーと言えば、MarchalやBosch・Hella等々有りますよね。

正にハロゲン全盛時代生まれなんですよ(笑)

その影響か自分のフォグイメージは「フォグランプ=濃い黄色」と思うんですよね!また最近は歳のせいか目も見づらくなってきています。
自分にとっては最重要なポイントですね!晴天時・雨天時問わずどんな時も「明るく見易いフォグランプ」が必要なんですよね(笑)

なので、fclさんで販売されている3種類の黄色のバルブ(HID、LEDヘッドライト、LEDフォグランプ)を比較して、一番明るい商品はどれか決めたいと思います。こんな風に比べています。詳細については、下記で語っていますので気になる方は読み進めてください。

比較した商品

3種類の黄色バルブで比較した項目はこちら

  1. 明るさ
    単純に明るい方がイイよね!
  2. 見易さ
    広く細かい所まで見えた方がイイよね!
  3. カッコ良さ
    黄色が濃い方がイイよね!
  4. 取り付け作業
    出来れば簡単な方がイイよね!

「明るさ」の比較基準

ガレージ内でシャッターに向けフォグランプを点灯させます。シャッターへの明るさと照射状態を車内外で比較してみる事にしました!

「明るさ」HID編

ドライビングシートからは、左右丸くハッキリとした照射状態で意外と黄色く見えないですね。また車外からは下部に集中して照射されおり、ドライビングシートからよりも黄色く見えますね。

「明るさ」LEDヘッドライト編

LEDヘッドライトも丸く照射していますね。HIDよりも境目はボヤケ、ハッキリと黄色いですね。

また車外からはHID同様下部に集中して照射されていて、上下幅が若干広い様ですね。

「明るさ」LEDバルブ編

LEDバルブは照射状態の境がLEDヘッドライトよりもボヤケています。色合いはLEDヘッドライトよりも若干濃いですね。また車外からは全体的に照射されています。ただかなり暗く感じますね。

「明るさ」のまとめ

バルブによって配光が随分違うものですね。また照射範囲が絞られハッキリしている物ほど明るく感じました。結果、明るさではHID 3000kに軍配が上がりましたね!※各商品、旧モデルでの比較

「見易さ」の比較基準

夜間光の少ない路上で、ドライビングシートからと車外から見た路面への照射状態の見易さを比較してみました!

「見易さ比較」HID編

HIDは約50m先の壁も薄っすら見えています。左右の土手やフェンスもハッキリ確認でき見易いですね!また車外からは手前は白っぽくその先は画像よりもかなり黄色く明るく見えますね!

「見易さ比較」LEDヘッドライト編

HIDに比べ壁の明るさと上下方向への照射幅が少ないですね。色味と配光のせいか手前はかなり見易いですね!また車外からは画像よりもレモンイエロー感が強く、明るく感じますね!

「見易さ比較」LEDバルブ編

個人的にはこれぐらいの黄色さが好きだったりします。ただHIDやLEDヘッドライトに比べかなり暗く見難く感じます!残念ながらフォグランプのみでは走行出来ない程度ですね・・・

「見易さ比較」組合わせ編①

念の為にHIDヘッドライトとfcl.フォグランプを組み合わせた場合、どうなるのかを確認してみました!HID・LEDヘッドライト共に手前部分が若干黄色く見えます。ただLEDバルブついては手前部分も白く見え、黄色は何処に行ったのやら状態ですね(笑)

「見易さ比較」組み合わせ編②

今度は車外から照射状態を確認してみると、「HIDLEDヘッドライトLEDバルブ」の順に黄色部分の面積が見て取れます。

晴天時のヘッドライト点灯によるフォグランプの侵食具合、雨天時の「HID 6000k」の見難さを考えると「HID 3000k+HIDヘッドライト」がベターなのかと思わされますね!ただ「LEDヘッドライト」も捨てがいた感じですね(笑)

「見易さ」のまとめ

「HID 3000K」と「LEDヘッドライト」はフォグランプのみで走行可能ですね。また遠い部分の見易さや照射面積では「HID 3000K」、近くの見易さでは「LEDヘッドライト」に軍配が上がり甲乙付け難いところですね!また雨の日の事を考えると個人的には「HID 3000k」が良い様に思いますね(笑)※各商品、旧モデルでの比較

「カッコ良さ」の比較基準

自分にとってフォグランプのカッコ良さと言えば、黄色の濃さですね。車外から見た黄色の濃さを夜間と昼間で比較してみました!

「カッコ良さ比較」HID編

HIDの場合、夜間ではフォグランプを直接見ると明るい過ぎ白っぽくみえます。それでも照射色は思ったよりかなり黄色かったですね!

昼間では黄色っぽく見える程度ですね(笑)

「カッコ良さ比較」LEDヘッドライト編

HIDに比べ、夜間での直接光はかなりレモンイエローに見えます。車両左右からはHIDよりも眩しく感じましたね!昼間ではHIDよりも黄色く見えますね(笑)

「カッコ良さ比較」LEDバルブ編

夜間では比べた中で圧倒的に黄色く見ます。正直なところ自分的好みの黄色さですね!昼間ではLEDヘッドライトと変わらない程度ですね(笑)

「カッコ良さ」のまとめ

夜間外見からのカッコ良さについては圧倒的に「LEDバルブ」に軍配が上がりましたね!昼間についてはどれも同じですね(笑)

自分的にはもっと黄色いHIDやLEDヘッドライトが有ればより良いですね!※各商品、旧モデルでの比較

「取り付け」の比較基準

単純に取り付け方法の比較については、全てバンパーを外しての前提での比較をしてみました。また届いた物を確認すると、ノーブランドの物比べ見た感じや持った感じ細かな部品や説明書などのクオリティーの高さに驚きましたね!

「取り付け比較」HID編①

LEDヘッドライトやLEDバルブはハロゲンバルブ同様にバルブ本体を交換するだけの作業となります。
それに対しHIDの場合、バラストやイグナイターの設置や場合によっては電源安定リレーハーネスが必要となる場合が有ります。

「取り付け比較」HID編②

バラストやイグナイターの設置位置を事前に決めておくと作業効率が上がります。バラストの設置位置ついてはヘッドライト下のボルトを利用する事にしました。

イグナイターは現物合わせ、両面テープで固定しちゃいました。

「取り付け比較」HID編③

各部品の取り付けが終わればバナーの空焼きが(5分程度)必要です。後はバナー取り付けで出来上がりですね。

取付位置がほぼ決まっていたので1時間弱で出来ました。

「取り付け比較」LED編

LEDヘッドライトやLEDバルブは、ハロゲンバルブ同様にバンパーを外さなくても交換できます。慣れれば10分程度の作業で手軽で簡単に交換できますね!

まあHIDに比べれば楽々ですね(笑)

取り付け」のまとめ

取り付けについてはバルブ交換のみで出来る「LEDバルブ」や「LEDヘッドライト」に軍配が上がりますね!ただ自分を含めDIY好きユーザーにとってはHIDの取り付け作業も楽しいものですよね!

まとめ

今回、fcl.様の好意によりHIDの3000KとLEDヘッドライトとLEDバルブの黄色タイプを比較してみたわけですが、自分なりにまとめてみると下記の通りとなりました。

それを踏まえても迷うところですが、取り付け作業が面倒で無い方であれば「HID 3000K」で、手軽にイエロー化したい方ならば「LEDヘッドライト」、安価にフォグを濃い黄色にしたい方には「LEDバルブ」をお勧めしたいですね。

比較した商品

[戻る]

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

10%OFFキャンペーン!5/27まで 10%OFFキャンペーン!5/27まで