2018-05-14
【実験】雨の日に見やすいのはHIDとLEDヘッドライトどっち?

私が住んでいる長崎は、歌にもあるように雨が多い地域とされ、クルマの運転も雨を意識したライト選びをすることがあります。

HIDとLEDヘッドライトについて、明るさの比較などをよくしていますが、雨の日の見やすさについての比較はあまりしている人をみかけたことがないので、わたしで比較してみました。

HIDとLEDヘッドライトどちらが見やすく運転がしやすいのだろうということで小雨で路面が完全に濡れているときに検証して見ました。

今回はHID 6000k VS LEDホワイト(6000K相当) VS HID 3000k VS LED イエロー(3500K相当)を用いて比較をしてみました。

プロフィール

みんカラニックネーム:T@ke

■ ブログURL:みんカラブログ
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/346557/profile/

生まれ 北の国から育ち
現在 雨の街?長崎へきて14年目
クルマ馬鹿です(笑)

血液型 B型 → 40年目にしてA型とわかりショックを受ける(笑)

画像URL

HIDとLEDを各ケルビン数ごとで比較してみた

LEDヘッドライト ホワイト色

十分に周囲を照らしてくれていて問題なく使用できるように感じます。ただ光量が足りなく感じ目が疲れやすくヘッドライトと併用すると十分かと思います。

HIDキット6000ケルビン

点灯直後は青白くかっこよく 安定すると白くしっかりと路面を照らし光量が多く遠くまで照射してくれています。

ただ光が散るように感じ少し疲れます。フォグだけでの走行も可能と感じました。(乾燥時)

LEDヘッドライト イエロー色

黄色くしっかりと周囲の物を照らし運転しやすいです。路面の凸凹も見やすく疲れにくいです。

HIDキット 3000ケルビン

点灯直後はエメラルドグリーンのような色で少しすると安定し黄色くなりますがLEDと比べると白っぽくなりLEDのハロゲン色のような感じですが光量も多く周囲を照らしHIDの6000K同様フォグのみで走行できそうです。

(実際は画像よりももう少し黄色いです)

まとめ

LED ホワイト < HID 6000K < LED イエロー < HID 3000K

という順でHIDキット3000Kが色合いと光量ともにバランスよく、雨の日には最適かと思います。

HIDと比較してしまうとLEDは光量が足りなく感じましたが、ヘッドライトとの併用を考えれば問題なく使用することができると思います。またHIDは光量も十分でそれ単体での走行も可能かと思いますが対向車には少し眩しく迷惑なように感じました。

今回はヘッドライトはHIDではなくLEDだったため検証できませんでしたが個人的には ヘッドライトがHID6000K で フォグがLEDのイエローが一番組み合わせ的には最適でないかと思いました。(過去HIDの6000Kを使用していたことを踏まえて)


[戻る]

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.