fcl.Carlifepedia

2018年03月30日
【実験】ロービームにはLEDとHIDどっちが合うの?

<こちらの記事>でハイビームをLED化して満足のいく明るさと立ち上りのレスポンスを手に入れました。そうなるとロービームもLEDに交換しようと考えていますが、ただ、実用性が求められるロービームにLEDヘッドライトを取付けても大丈夫なのか?ということも頭をよぎりました。

たぶん、この記事を読まれている方々も「LEDヘッドライトの実用性」について疑問に思っているかと思います。そこで、今回、わたしのアクアを実験台にしてロービームにてLEDとHIDを比較してみました。

【比較項目】

・明るさ
・立ち上がりレスポンス
・取付け
・見た目

上記を比較したいと思います。結論から言うと明るさは、ハロゲンからLEDへの交換であれば大きく明るく感じますが、HIDと比べると少し暗く感じるかもしれません。立ち上がりレスポンスはHIDも改善されていて瞬時に点灯しますが、一旦明るさが落ちてから100%になる感じです。

LEDは初めから100%なのでここはLEDに軍配が上がります。

取り付けですが、ヘッドライト後方のスペースが少ないためバルブを捻って取り出すのにどちらも一苦労します。HIDはバラスト・イグナイターが付いておりその設置を考えることになりますが、LEDのドライブ回路はほぼ配線と一体化しており、設置場所を問わないため気を使わず簡単に取付けできました。

照射範囲はヘッドライトのリフレクター(反射板)によってほぼ決まるため、大きな差は有りません。ただLEDバルブは水平方向にLED本体が付いているため、カットラインがはっきりしています。このはっきりしたカットラインには好みが出そうです。

HID・LEDヘッドライトどちらも交換後に照射面積が少ない(下向き)と思ったら、ヘッドライト調整を行った方が良いかもしれません。

LEDヘッドライト取付け後に光軸調整の必要性とやり方

ロービームにHIDを取り付けた結果

これまでHIDを使ってきましたが、明るさ、色合い、カッコ良さどれをとってもオススメのライトです。ただ、取り付けの手間がネックとなります。

【部品の写真】

HIDは、一般的に別々の部品からなるバルブとバラストとイグナイターを繋げ、点灯させる仕組みとなります。

バラストは熱や振動が故障の原因となりますので、風通しの良い、水のかからない、しっかり固定できる箇所を探し取り付ける必要があります。昔、HIDで苦労した人なら、この感覚が分かると思います(笑)

アクアのロービームバルブ付近はとても狭く、手首を織りながらのバルブ交換でした。設置後のバルブはガタツキも無く問題は有りませんでした。

またフェンダー部分にイグナイター、バラスト本体を固定しました。



純正ハロゲンは色合い的に好みではなく、発熱が大きいので私の選択はHIDかLEDになります。光束があるのか6000kが見やすいのかは判断が尽きませんが、ヘッドライトのロービームでの見易さはまだHIDが上回っていると感じました。

私はHIDの方が、カットライン端部が微妙にぼやけて照らされていることが、見やすくなったように感じます。LEDはカットラインがきれいに出ていますが、カットラインを外すと見づらくなる感じがしました。

ただそれは暗い田圃道のような状況に限定されます。
LEDのマイナスポイントを挙げるとしたらその程度で、そんな時はハイビームにしなければならないので、実質問題は有りません。

ロービームにLEDを取り付けた結果


【 LEDヘッドライトの商品写真 】

前術したようにアクアのロービームヘッドライト後方はとても狭く、手首を折りながらのバルブ交換になりますので、バルブを捻って取り出すのに一苦労しました。

アクアでは、LEDバルブの取付け面角度の調整は不要でしたが、もしLEDの角度調整が必要となっても調整用の六角棒はキットに2本も付属されています。更に固定用のイモネジがナメるなど不具合が生じたとしても、イモネジのスペアも付いていてとても安心です。

LEDのコードにはドライブ回路がありますが、コードとほぼ一体と言えるサイズのため、コネクタ変換のコードを接続という感覚で特別な作業は有りませんでした。

【 取り付け写真 】

ロービームに関してはまだHIDの方が明るさを感じました。LEDはカットラインがはっきりしているのですが、そのコントラストがしっかりしすぎていることでカットライン端部から急に暗くなり見えづらく感じたという印象です。

このカットライン端部が少しぼやけるといいかなと思いましたので、そこは次のステップで良くなればLEDを更に進められると思います。また欲を言うと、もう少し明るさのアップも希望です。

色合いは混じりけのないホワイトですね。

ヘッドライトを外から見ればわかるともいますが、ハイビームにLEDを選んだのであればやはりロービームも色合いが揃うLEDの方が見た目スッキリ、カッコいい。

LEDのロービームの取付けは、HIDと比較すると簡単でした。理由は、HIDバルブ後方はプラスとマイナス、2本の端子が並行して出ているため、ヘッドライトバルブ挿入口にセットした後、捻りにくく、LEDはバルブより大きめの放熱フィンが付いるので、それを持って捻ることが出来たので作業性がとてもよかったです。

アクアのロービームは、箱から取り出した状態でLEDの角度調整不要でした。

結論とまとめ

取り付けはHIDより簡素なLEDの方が簡単です。HIDはハロゲンより効率が良いと言われますが、バラストはやはり熱を持ちますので放熱を考えた置き方がネックになります。

LEDはHIDより更に省エネとなり祖ライブ回路の放熱の心配が無いことで、配線の取回しに気をとらわれないのがいいですね。

夜間走行で多く使うのはロービームだと思います。明るさは若干HIDに明るさを感じますが、LEDもそん色ないと思います。ロービームは好みでHIDにするのかLEDにするのかで選べばいいのではないかと思います。

見た目は、ハロゲンは色が黄色っぽく、HIDは青っぽく見えます。LEDがナチュラル(純白)という印象です。実は、先日ユーザー車検を受けましたが、LEDヘッドライトで一発クリアでした。

私はハイビームをLEDに変更が前提だったので、それに合わせてロービームもLEDで揃えて使っていこうと思います。LEDは、いい意味で更なる改善の余地があると思うので、これからの更なる進化に期待します。



※記事内の商品は廃盤。後継モデルの商品ページです。

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2018年03月30日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
カラーチェンジLEDフォグランプ
LEDヘッドライト
LINE
Instagram