2018-04-13
【実験】LEDヘッドライトとハロゲン、LEDヘッドライトとHIDを比較してみました―点灯状態(ハロゲン)

点灯状態の比較

ハロゲン

ハロゲンバルブです。
詳しくは、後の画像で説明しますが、HID&LEDに慣れた目では、「絶望的に暗い」という感想しかありません。

取り付けたのはフォグランプですが、この明かりだけでとても夜道を走る気にはなりません。

あくまでHID&LED基準ですが、デイライトとしても色温度的に昼間は周囲の光に溶け込んでしまって、頼りない気がします。また、せいぜい「明るめのポジションランプ」くらいです。

ただ、利点もあります。画はヘッドライトですが、結露がいつまでたってもなくなりません。(気温は3度くらいです)

これがハロゲンなら、あっというまに蒸発して無くなるでしょう。ランプに手をかざすと、熱を感じます。自分的には、忘れていた暖かみです。やはり寒冷地では、雪を溶かすために、この熱は必要だと思います。

上左=ロービーム+ハロゲンフォグ          上右=ロービーム
下左=ハイビーム+ハロゲンフォグ          下右=ロービーム+ハロゲンフォグ

フォグランプは、ハイ&ロー切り替えタイプに換装しているので、ハイビームではかなり遠くを照らしている(はずです)

※手前の横断歩道まで約100m、上り坂のあと道が見えなくなるまで約200mあります。

車内からの様子
上左=ハイビーム+フォグ
上右=ロービーム+フォグ
左=フォグ

フォグのみの点灯状況です。光軸の真ん中に線が出ていますが、バルブのフィラメントか何かの影が出ています。ハロゲンバルブにするメリットですが、

  • 発熱、
  • 他のランプがHIDやLEDの場合、「点灯していることが、色でわかる」
  • この色が好き
  • 色温度が黄色に近いぶん、雨などによる光の散乱が押さえられる。

ということでしょうか?

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

10,000円以上のご購入でLEDバルブプレゼント!4/30まで 10,000円以上のご購入でLEDバルブプレゼント!4/30まで