fcl.Carlifepedia

2018年05月15日
LED・HID・ハロゲン、最速で雪が解けるのはどれ?

さてさて、最近紹介しているfcl.公式ライターさんの記事ですが本日は調布市のKAZ様による「LEDヘッドライトは自身の熱で雪を溶かすことができるのか?」という内容。季節外れですが興味深い記事なので紹介してみたいと思います!ちなみにみなさん、LED・HID・ハロゲン、最速で雪が溶けるのはどれかわかりますか?

※先に記事全文を読みたい!という方はこちら

ライトをカスタムしたいけど積雪地域の方にとってランプユニットの雪解けは重要なポイント。そこで今回、調布市のKAZ様が行ってくれたのが、フォグランプユニットに雪を載せた状態でLED、HID、ハロゲンの温度変化を調べ、それぞれどのくらいで雪が解けるのか解けないかを実験してみたというものです。

上記は調布市のKAZ様が作ってくれたバルブそれぞれの温度変化のグラフ。LEDは点灯開始後、約5分で温度上昇が鈍り、ガラス表面温度は最大で12℃に。ハロゲンは時間の経過とともに表面温度が上昇し、40分間で約60℃の上昇幅。HIDは点灯開始から約10分間まではハロゲンと同様な温度変化を示しましたが、
それ以降表面温度は約40℃でストップ。(計測日は2018年2月12、13、18日です)

この後、LED、ハロゲン、HIDとも消灯から約20分間が経過した時点でガラス表面温度は外気温度とほぼ等しくなるまで低下したそうです。

LED、ハロゲン、HIDの中で最速で雪を解かしたのはどれか!

という結果についてはここでお伝えするよりも調布市のKAZ様の記事全文とともに確認いただいた方がお楽しみいただけると思いますので、

こちらからどうぞ。

このレポートはすごいですよ、僕らにもできないいくらい手の込んだ準備の上で、しっかり計測していただいています!

調布市のKAZ様からいただいたfcl.へのアドバイス!

1、ユーザーにバルブの着せ替えの提案
春、夏、秋は色の選択が可能なLEDで。冬は雪も溶かせそうなHIDで。など季節やシーンに応じてバルブを使い分けるという提案。

2、オールシーズン・ベストワンの提案
積雪地域の方へオールシーズン、これ1本でいけるHIDをおすすめ。積雪の少ない地域の方に対しては、取り付けが手間いらずのLEDをおすすめする。

たしかに…LEDは取り付け簡単を謳ってるのに「季節やシーンによってバルブを替えて楽しみましょう」という細かいところまで提案出来てはなかったですね〜。あとLEDでネックとなりがちな雪問題についても積雪地域とそうでない方を棲みわけて告知出来てなかったです。。

これはお客様にLED・HIDを提案していく上でのナイスなアドバイス!調布市のKAZ様、素晴らしい記事そしてアドバイスありがとうございました!


お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2018年05月15日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
カラーチェンジLEDフォグランプ
LEDヘッドライト
LINE
Instagram