fcl.Carlifepedia

2021年04月15日
失敗しないHIDの選び方 ~純正HIDバルブ「SとR」「D2とD4」の違い~

失敗しないHIDの選び方 純正HIDの種類と違い

こんにちは、エフシーエルです。

純正HIDバルブ「D2S/D2R」「D4S/D4R」は形状が非常によく似てます。
間違えて購入してしまったり、購入前にどれを選べばよいかわからないと相談をいただいたり、迷われるお客様は多いです。

そこで今回は、皆様の疑問をすっきり解決できるよう、
「【D2バルブ】と【D4バルブ】の違い」「【タイプR】と【タイプS】の違い」の2点についてお伝えします。
 
 

【D2バルブ】と【D4バルブ】の違い

 
【D2バルブ】と【D4バルブ】は全く違うバルブ、互換性はありません。
様々な違いはありますが、特徴的な4つの違いについてご説明します。
  

バルブ内の成分

 
まずは、バルブ内部の気体金属の成分の違いです。
「水銀」が使われているか、使われていないか、で分けることができます。
D2バルブはごく少量の水銀が使われているのに対して、
D4バルブは環境に配慮して開発されたものなので、水銀は使用されていません。
 

点灯電圧

 
バルブ内部の気体金属の成分が違うので、点灯時に必要な電圧も大きく違います。
 
・D2バルブ:約85V
・D4バルブ:約42V
 
これだけ電圧が違うと、もちろんバラストも設定が異なります。
だからバルブを間違えてしまうと、点灯不良が起きてしまうんですね。
 

明るさ

 
ルーメン数では、D4バルブよりD2バルブのほうが明るい傾向にあります。
D2バルブは約2400ルーメンです。
最近では高効率のバルブが開発され一概には言えませんが、D4バルブは約1800~2000ルーメンが主流です。
 

安定点灯までの時間

 
HIDは、点灯直後の状態では色味や光量が変化します。数秒~十数秒かけて安定した発光になるのが特徴です。
D2バルブの場合は安定点灯までにかかる時間は約15秒から30秒程度、D4バルブは約30秒から60秒程度となります。
100%のパフォーマンスを発揮するまでの時間にも、多少の差が出てきます。
 

まとめ

成分 電圧 明るさ 安定点灯
D2 ごく少量の水銀 約85V 約2400lm 約15秒~30秒
D4 水銀は使用していない 約42V 約1800~2000lm 約30秒から60秒

ちなみに、トヨタ、ダイハツ、レクサスは純正で主にD4のバルブを採用されていますね。ヴェルファイアとかプリウス30がそうですね。

【タイプS】と【タイプR】の違い

 
【タイプS】と【タイプR】は機能面から互換性はありません。
タイプSは主にプロジェクターヘッドライトに使われます。
タイプSのバルブをリフレクターヘッドランプに取り付けると遮光板がないため、グレア光が発生し対向車を幻惑し危険です。
 
タイプRは主にリフレクターヘッドライトに使われます。
タイプRのバルブをプロジェクターヘッドランプへ取り付けると、バルブの遮光機能とランプユニットの遮光効果が重複し、極端に暗くなったり一部照射されないなど、前照灯として十分に機能を果たせません。
 
詳しく確認していきましょう。

台座形状の違い

【タイプS】と【タイプR】は台座形状に違いを持たせて、純正バルブでは間違って装着ができないように規格されています。
しかしながら、近年ほとんどの社外品HIDバルブは汎用性を持たせるため、両方に取り付けできる設計になっています。
エフシーエルのバルブも、汎用台座を採用してますので、どの台座にも取り付けが可能となります。
だからこそ、バルブ形状の確認がとても重要になってくるのです。
 
D系台座説明
 

遮光機能の有無

タイプSとタイプRは用途が違います。
 
〇 タイプSは主にプロジェクターヘッドライトに使われます。

プロジェクターヘッドライトは、ユニット内に遮光板があります。
これによりカットラインから上の光(グレア光)を遮り、凸レンズで配光を照射しているため、バルブ本体には遮光機能がありません。

 
D2Sバルブ
※ D2Sバルブ
 
プロジェクタータイプ。反射鏡と凸レンズの間にある遮光板でグレア光を防いでいます。

〇 タイプRは主にリフレクターヘッドライトに使われます。
 

リフレクターヘッドライトは、シェードや遮光板を用いて、無駄な光を遮断して、配光する仕組みです。そのため、バルブ本体には遮光機能があります。

 
D2Rバルブ
※ D2Rバルブ
 
リフレクタータイプ。HIDバルブに遮光板や遮光膜を施しリフレクターヘッドライトのシェードと合わせてグレア光を防いでいます。
 

違うバルブ形状を取り付けてもいいの?

兼用商品を除き、それぞれに互換性はありませんので、純正のバルブ形状と異なるものは取り付けはできません。

例えば、D2車輌にD4を点灯させた場合どうなるのかというと、電圧がD2とD4では異なるので、バラストの効率が悪くなり、以下のような症状が現れる可能性があります。

 ・点灯しない
 ・暗いかまたは、明るさが足らない
 ・数秒後に消灯する
 ・点灯を維持できない、振動させたら切れる
 ・長時間点灯した際、バラストが熱くなり燃える可能性がある

まとめ

基本的には純正HIDには【4種類】のバルブ形状があるとお考え下さい。
 
・D2R
・D2S
・D4R
・D4S

上記の4種類に互換性はありませんので、取付できません。
見た目だけでは違いが判らないからと、適当に選んでは絶対にいけません。
互換性はないので、間違えて装着すると、点灯不良を起こしたり、バラストの故障に繋がったりすることもあり、大変危険です。
同じ型式の車でも、年式やグレードの違いで、バルブ形状が異なることもあります。

純正HIDバルブから、社外品の純正交換用HIDバルブに交換される際には、外した純正バルブの表記をよくご確認いただき、くれぐれもお間違いがないようお気をつけてください。

今回は純正HIDのバルブ形状について解説しました。
色味の問題、明るさに不満があるという場合は、パワーアップHIDキットをご検討ください。

fcl. 純正交換用HIDバルブ D2S 6000K 装着
※ fcl. 純正交換用HIDバルブ D2S 6000K 装着
 
fcl. 純正交換用HIDバルブ D4S 6000K 装着
※ fcl. 純正交換用HIDバルブ D4S 6000K 装着

fcl. 純正交換用HIDバルブ D4R 6000k 装着
※ fcl. 純正交換用HIDバルブ D4R 6000k 装着
 
 



エフシーエルは、高品質素材の厳選&高い技術力で皆様と一緒に愛車を育てるブランドです。
オンラインショップは全国送料無料・安心の1年保証!商品選びにお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。 続きはこちら
お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2021年04月15日
関連記事

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /usr/home/ae116th17v/html/wp-content/themes/fcl/single-staffroom.php on line 105

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
抵抗内蔵ウィンカー
カラーチェンジLEDフォグランプ
LINE
Instagram