fcl.Carlifepedia

2021年11月01日
【交換方法】200系ハイエースのハイビームにLEDヘッドライトを装着してみた

ハイエースのハイビームをLED化

今回はトヨタ ハイエース200系のShige FM76.3MHz様にご協力いただき、ハイビームをfcl. LEDヘッドライトに交換していただきました。

視認性や明るさ・ファッション性バルブ耐久性・寿命UPなど、ヘッドライトのLED化で受けられるメリットは盛りだくさん。
もちろんfcl.の LEDヘッドライトは車検対応。

また、ハイビームは視認性の悪い場面で使うことが多いので、スイッチONで一瞬で点灯して、遠くまで照らしてくれるLEDは安全性もかなりUPします。

純正ハロゲンバルブからLED化するのは、バルブを交換するだけで、とても簡単ですので、ぜひヘッドライトカスタムにチャレンジしてみてください。

わたしが取付けました

Shige FM76.3MHz様
cartune
  • 取付車種: ハイエース
  • 年   式: H28年
  • 型   式: KDH201V
  • 使用した道具: 10ミリのソケットレンチ プラスドライバー マイナスドライバー(クリップはずしとして)
  • 作業時間: Total 50分
  • 作業難易度: ★★★☆☆
  • 作業概要: フロントのライトはヘッドライト、ハイビーム、ウインカー、ポジションが全てひとつのユニットに纏まっていますので、基本的な作業はどのバルブも同じです。グリル、ライトのユニットを外して作業します。グリルやライトのケースの「爪」のはずし方のコツがつかめるかが鍵になります。

Cartuneユーザーの「Shige FM76.3MHz」です。ハイエースで車中泊やレジャーを楽しんでおります。

今回はハイビームをLEDバルブに交換致しました。ハイビームを交換するのは人生で初めての作業です。
グリル、ライトユニットを取り外して作業します。グリルさえ外せれば難しい作業はありません。

今回取り付けた商品はこちら

「LEDヘッドライトHB3 LEDヘッドライト ホワイト2個セット」です。

LEDヘッドライトHB3 ハイビーム 製品画像

交換方法

ヘッドライトの取り外し

車からヘッドライトユニットごと引っ張り出すので、周りに傷がつかないように養生テープを貼ります。

車 ヘッドライトユニット 養生

まずはグリルを外します。グリルは、ボルト2か所(丸印)とグロメット4か所(矢印)と、下側に爪でとまっています。これらを外します。

グリル箇所

グリルの下側のほうに爪があるので、進行方向にまっすぐ引っ張ってグリルを引っ張り出します。
かなり硬く爪が折れないか勇気がいる作業です。慎重かつ大胆に引っ張ってください。

外れなければ、画像のあたりに手を入れて、端から爪を一個づつ外すように引っ張っていくとよいかもしれません。

グリル取り外し

参考までに、グリルのツメはこのような形状です。

グリル ツメの形状

グリルが外れました。

グリル取り外し後

グリルが外れたら、ライトを引き出します。赤丸印のボルト2か所を外します。

ハイビーム ヘッドライトユニット取り外し

ライトにも爪がありますので、それに逆らわず、まっすぐ前に引き出してください。
フロントドアを開けて作業すると、ライトが引き出しやすいです。

ハイビーム交換

両側ともヘッドライトユニットを手前に引き出しました。作業スペースの確保ができたので、ハイビームバルブを交換します。

ハイビーム 純正ハロゲンバルブからLEDに交換

バルブの交換

ハイビームは下記の場所となります。

ハイビーム バルブの場所

ハイビームのカプラーを反時計回りに回して、バルブをレンズから抜いて、次に純正バルブをコネクターから取り外します。
※点灯直後はバルブ本体がかなり熱くなっております。ご注意くださいませ。

LEDハイビーム 場所

取り外した純正バルブとfcl.LEDヘッドライトの比較です。

純正ハロゲン球とLEDヘッドライトの比較

電源カプラーをfcl.LEDヘッドライトに接続し、点灯チェックをします。

LEDバルブの点灯チェック

配光が乱れる場合は、付属の六角レンチで、LEDバルブのイモネジを緩めて、LEDチップの向きを調整します。

リフレクターの縦のカットラインと平行(LEDチップが左右真横)に向くと、LEDの性能が100%発揮されます。バルブを装着し、ロック位置まで回して、LEDチップが左右真横に向かない車は調整が必要です。

角度調節 配光

同様に戻していきます。戻すのはあっという間です。反対側も同じように作業していきます。

ビフォーアフター比較

ハイビームをハロゲンからLEDにすることで、視認性が大幅にあがりました。ハイビームの本来の役割を果たしてもらっている感じがします。

200系ハイエース ビフォーアフター 純正バルブ LEDハイビームの違い

ビフォーアフター 200系ハイエース ヘッドライトユニット

200系ハイエース ビフォーアフター 純正バルブ LEDハイビームの違い

まとめ

私のハイエースはロービームをメーカー純正のLEDにしていますが、ハイビーム・ポジションはハロゲンで、色がチグハグになります。

ハイビームバルブの交換で、私のライトは力強い感じになりました。街灯のないエリアで頼もしく感じます。暗闇もまさに切り裂く感じです。パッシングの切れがよくかっこいいです。

以上、トヨタハイエースのオーナーShige FM76.3MHz様の取付レポートでした!

Shige FM76.3MHz様からは、その他のカスタムレポートやカスタム事例も多数いただいております。そちらもぜひご覧ください。

Shige FM76.3MHz様
cartune

200系ハイエース 4型 5型 6型でロービームが純正LED仕様、またはHID仕様のお車は
ハイビームがハロゲン HB3なので、LEDヘッドライト HB3が取り付けできます。

エフシーエルでは、他にもヘッドライトがハロゲン仕様用のLEDヘッドライトやフォグランプ、テールランプなど200系ハイエース 4型 5型 6型に適合する多くのLED カスタムパーツを取り扱っています。
こちらにまとめておりますので、ぜひご覧くださいね。

エフシーエルは、高品質素材の厳選&高い技術力で皆様と一緒に愛車を育てるブランドです。
オンラインショップは全国送料無料・安心の1年保証!商品選びにお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。 続きはこちら
お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2021年11月01日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
抵抗内蔵ウィンカー
カラーチェンジLEDフォグランプ
LINE
パワーアップバルブ