fcl.Carlifepedia

2021年07月13日
LEDのヘッドライトを純正で装備した世界初の車は一体何?

LEDのヘッドライトを純正で装備した世界初の車は一体何?
(引用:AutoMedia RESPONSE
 
 
こんにちは、fcl.です。
 
車好きの皆さんは、LEDヘッドライトが、市販車として世界初の純正で装備された車って気になりませんか?
今回は「世界初」という最先端に挑戦した車種について、また、そこからはじまったLEDの進化について書いていこうと思います。
 
 

LEDを搭載した世界初の車は?

 
「純正でLEDヘッドライトを搭載」という車種が増えてきた昨今ですが、なんと日本のメーカーがそれをいち早く実現していたんです。
では、その車の名前は何なのか?
 
車好きの皆さんなら大体検討がついていると思いますが、、、、
プリウス? それともアクア? あるいはレクサス?
 
三択になってしまいましたが、答えはわかりましたでしょうか?
 
 
そう実は、、、レクサス「LS600h」(2007年)!! だったのです。
 
レクサス LS600h
(引用:自動車ニュースのWEBマガジン CarMe
 
 

LEDヘッドライトを世界にひろめた車

  
レクサスとはトヨタ自動車が展開している高級車ブランドです。
 
「HIDヘッドライト」、「LEDヘッドライト」のワードでGoogleトレンドでキーワード検索をかけてみたところ、下の図の様になっていました。「LS600h」が登場したあたりが境目になっている様子が見てとれます。
 
純正でLEDヘッドライトを搭載 レクサス
 
LS600hは、LEDヘッドライトを世に広めた立役者と言っても過言ではないでしょう。
街中で友達とドライブをして、レクサスを見かけたら、この話題を出してみても面白いかもしれません。
 
 

LEDヘッドライトの市販化まで

 
1992年に青色LEDが発明され、1996年に青色LEDと黄色の蛍光体を使った白色LEDが実用可能になり、自動車のLEDヘッドライトへの道が開きました。
しかし、LEDヘッドライト装備車の発売は2007年ですから、簡単な道のりではなく、市販化には大きな壁があったわけですね。
 
その壁とは「明るさ」。
 
ハロゲンから替えるのであれば、それ以上の明るさが必要になるのは大前提ですが、2007年よりも前の白色LEDの発光効率は約5ルーメン/ワット。
例えば、1500ルーメンのハロゲンと同じ明るさを得ようとしたら、この当時のLEDの場合は300ワット必要ですから、発明当初は高い消費電力が必要でありました。よってヘッドライトとしてはまだ実用レベルではなかったのです。
 
レクサスLS600hに使われていたのは第1世代のLED。
このLEDをエンジニアの努力により、1個あたり400ルーメンの素子というLEDを開発し、これを5個使い約50ワットを消費してハロゲンよりも明るい2000ルーメンを達成しました。
 
LED基盤
(引用:kousakujisaku.com)
 
 

LEDの進化スピードがすごい

 
LEDをヘッドライトに採用できるほどに引き上げたことは快挙なことでありますが、このレクサスLS600hはさらに企業努力を重ね、製品開発が爆発的なスピードで進むことになります。
  
世代を経て、第5世代になると素子を1個しか使わず、その1個が2250ルーメン、消費電力は34ワットです。
1素子あたりのルーメン数からも、ワットあたりの効率を見ても、その進化がいかににすさまじいか、お分かり頂けるかと思います。
 
LEDバルブ_X7 
 
 

ヘッドライトの形状や機能も進化

 
単に明るいだけでは車のライトとして成り立ちません。LEDの進化に伴い、LED自体はもちろん、レンズユニットのリフレクターやプロジェクターレンズなどの改良も進められました。
 
例えば、プロジェクター凸レンズの透過率の向上。
 
以前のプロジェクターの凸レンズは透過率が低く、LEDが出す波長の光を大部分カットしてしまうという特徴がありました。これではチップがどんなに明るくても本来のパフォーマンスは発揮できません。
 
そこで各社は透過率の高いLED専用レンズを開発。さらにロービームプロジェクターユニット内にハイビーム配光機能を持つコンバインドプロジェクターヘッドライトなどが発明され、配光性能が高まったことで実用性が格段にアップしました。
 
さらには、リフレクターの反射効率向上。
 
シールドビームからマルチリフレクターが主流になり、リフレクターの反射塗膜(アルミの蒸着など)の製造技術が進化。これによって反射率が高まり、光束の利用率が高まったことで名実ともに明るいヘッドライトへ進化していったというわけです。
 
yhh.915様_レクサスRX_GYL15W_H.24
(yhh.915様 レクサスRX GYL15W H.24)
 
 

まとめ

 
最近は、信号機もLED化されていますね。
車のライトも「ハロゲン」から「HID」そして「LED」へと進化中というわけです。
 
もしかしたら、「LEDをヘッドライトに!」という発想がなかったら、ここまで進化のスピードが速くなかったかもしれませんね。
 
これからもLEDを活用した画期的なアイテムが各社から出てくると思いますので、車好きの方はぜひチェックしてみてください!

エフシーエルの最新のLEDヘッドライトはこちら▼

 

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2021年07月13日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
カラーチェンジLEDフォグランプ
LEDヘッドライト
LINE
Instagram