fcl.Carlifepedia

2020年12月09日
【交換方法】デリカD:5純正HIDヘッドライトをパワーアップしてみた

デリカD:5純正HIDヘッドライトをパワーアップしてみた

デリカD:5のオーナー ニャンギ 様にご協力いただき、純正HIDヘッドライトにパワーアップキットを取り付けしていただきました。

ヘッドライトが暗いなとお悩みのかたはぜひ参考にしてみてください。

それでは交換方法を見ていきましょう!

■動画が良い!という方ははこちら

わたしが取付けました

  • ニックネーム: ニャンギ 様
  • 取付け車種: デリカD:5
  • 年   式: H.30年
  • 型   式: LDA-CV1W
  • 使用した道具:プラスドライバー、ラチェット、#10ソケット、作業手袋、養生テープ、クリップ外し、マイナスドライバー
  • 作業時間:  Total 2時間
  • 作業難易度: ★★☆☆☆
  • 作業概要:  フロントグリル取り外して、純正HIDからfcl.パワーアップキットへ交換

デリカD:5

デリカD:5に乗るニャンギ(takaha515)と申します。

デリカD:5で様々な秘境へ赴き、趣味の写真撮影を嗜んでおります。荒地や天候不良な場所を走破するためfcl.さんの安定した光量のあるバルブ各種を使用させて頂いております。

今回は、デリカD:5前期型へfcl.パワーアップHIDキット(タイプE)を取り付けました。

フロントグリルやヘッドライトを取り外しますが、デリカD:5はフロントバンパーを外す事なく各所へアクセスが出来ますので比較的簡単な作業だと思います。

今回取り付けた商品はこちら

fcl.純正HID用パワーアップキット純正型A-Gタイプ

商品の確認をします。

fcl.純正HID用パワーアップキット純正型A-Gタイプ

厳重梱包です。
バルブやバラストは非常に繊細な精密機器ですので、絶対に落としたり衝撃を与えないように気をつけましょう。

デリカD:5ヘッドライトの交換手順

フロントグリルの取り外し

それでは早速取り付けを行っていきます

フロントグリルの取り外し

先ずはフロントグリルを外すため、赤丸のクリップ4つを外します。

フロントグリルの取り外し

クリップ外しで持ち上げるようにクリップを外します。

フロントグリルの取り外し

※クリップ外しが無ければマイナスドライバーでも代用は効きますがキズが入る可能性も。

フロントグリルの取り外し

4本のクリップを全部外してフロントグリルを矢印方向へ持ち上げます。バンパー下部へ4箇所のクリップが刺さっていますので少々硬いです。

※取れない場合はフロントグリルを片側ずつ持ち上げると簡単に外せます。

※初めての場合はかなり固いので、無理に持ち上げようとすると、破損したりします。
クリップの近くに力をかけ、1本ずつ、少しずつ持ちあげる様にしましょう。

フロントグリルの取り外し

フロントグリルを持ち上げる際、フロントカメラ装着車は持ち上げ過ぎて配線を断線させないよう気をつけましょう

フロントカメラ

フロントカメラはメーカーによって装着方法は異なりますが、殆どの物は裏からビス止めになっています

フロントグリルの取り外し

ヘッドライトの取り外し

次にヘッドライトの取り外しを行います。部品管理をするためにも片側ずつ行いましょう。

ヘッドライト周辺を養生テープで保護

ヘッドライトを外す前に周辺を養生テープで保護します。ヘッドライト取り外しの際に必ずボディに接触しますので傷を防ぐためにも必須工程です。

最初にウィンカーバルブを取り外し

最初にウィンカーバルブをヘッドライトから外します。
エンジン側から見て矢印の方向へ、回り量は約30°くらいで爪が外れるまで回します。

※ここも他のカプラー同様、ロック爪を押し、カプラーを後ろ方向へ真っ直ぐ引き抜けますが、ロック爪が固く、バルブごと抜く方が簡単でした。ただ、露出したバルブの保護をしっかりしてください。

純正ウィンカーバルブ

爪がフリーになりましたら、ゆっくりとウィンカーバルブを引き抜きます。

ヘッドライト裏下側にあるコネクター

次にヘッドライト裏下側にあるコネクター二つを取り外します。
二つともロック爪がかかっているので押しながら矢印の方向へ真っ直ぐ引き抜きます。

※おにぎりの形はオートレベライザー、
8ピンはポジションなどの集合カプラーです。

集合カプラー

ヘッドライトを司る非常に重要な配線ですので絶対に無理に引き抜いてはいけません。
ロック爪がしっかりフリーになっていれば力をかけずに取り外せます。

ウィンカーとコネクター2つを取り外し

ウィンカーとコネクター2つを取り外せばヘッドライトへの配線は全て切れた状態になります。

ヘッドライトユニットの取り外し

次にヘッドライトユニットの取り外しになります。

ヘッドライトユニットの取り外し

ヘッドライトユニットは計4つのボルトで固定されています。

上部赤丸の二つのボルトは目視可能ですが、目頭目尻にある黄色丸のボルトはヘッドライト裏にあり手探り作業になります。
特に目尻側は全く見えないので手探りにてボルトの位置を確認しましょう。

※もしかしたら、作業工程的に、バンパーを外してからの設定かもしれません。

ボルトをラチェットを使って緩める

ヘッドライトユニットのボルトは4つ全て#10共通でラチェットを使って緩めます。

ヘッドライトユニットの取り外し

目頭側は手前裏からアクセスが可能ですが、近くにラジエーターがあるので工具をぶつけてフィンを潰さないように気をつけましょう。

ヘッドライトユニットの取り外し

目尻側のボルトは目視不可で手探り作業です。
※コーナーランプの裏側にボルトがあります。

手探りにてラチェットで緩めて手で回るくらいになったら落下防止のため指で回して取り外します。
赤丸で囲んである箇所が目尻側ボルト位置になり、ヘッドライトユニットが外れた状態で初めて目視可能になります。

ヘッドライトユニットの取り外し

4本のボルトを取り外し、ヘッドライトユニットを下から持ち上げるようにしてボディから切り離します。
※この時、極力ボディへ当てないように気をつけましょう。

ヘッドライトユニットの取り外し完了

ヘッドライトユニットの取り外し完了です。

取り外ししたヘッドライトユニット

バルブとバラストの入れ替え

次にバルブとバラストの入れ替え作業を行います。

バルブとバラストの入れ替え

ヘッドライト真下に純正バラストが設置されています。

純正バラストを取り外す

手前にあるコネクターを真っ直ぐ引き抜きます。

純正バラストを取り外す

バラスト本体はプラスネジ3本で固定されていますので3本とも緩めて取り外します。

純正バラストを取り外す

ネジを取り外すと少しだけ浮くので防水パッキンの隙間からコネクターを露出させます。
ロック爪を押しながら引き抜きます。

純正バラストの取り外し完了

純正バラストの切り離し完了です。

パワーアップHIDキットのバラストをヘッドライトユニットへ取り付け

次にfcl.パワーアップHIDキット同封のバラストをヘッドライトユニットへ取り付けます。

パワーアップHIDキットのバラスト

純正バラストに付いている防水パッキンをfcl.バラストへ移植します。

防水パッキンをfcl.バラストへ移植

外した逆の手順でfcl.バラストをヘッドライトユニットへ取り付けます。

コネクター確認

コネクターを全て取り付けて各所緩みがないか確認します。

純正バルブの取り外し

ロービーム裏側の蓋を矢印の方向へ回して取り外します。

純正バルブの取り外し

蓋を取り外すとバルブユニットが目視出来ます。矢印の方向へ回してイグナイターを切り離します。

純正バルブの取り外し

バルブはバネで固定されております。

ばねの丸くなっている所をバルブ側へ押し込みながら、中央へ寄せると、ひっかけが外れてフリーになります。

純正バルブの取り外し

バネがフリーになるとバルブを引き抜く事が出来ます。

純正バルブの取り外し

純正バルブの取り外し完了です。

指紋等を付着させると故障の原因になるため、バルブは絶対に素手で触らないようにしましょう。

fcl.パワーアップHIDバルブ

次にfcl.パワーアップHIDバルブを取り付けます。
こちらも素手で絶対に触らないようにしましょう。

イグナイターとバルブを組み上げ

先ず、イグナイターとバルブを組み上げます。

バルブの空焚き

ヘッドライトを一旦ボディへ仮組みして電源ケーブルを繋ぎ、5分ほどバルブの空焚きを行います
※指紋や埃を飛ばす重要な工程で後のパフォーマンスに影響します。
※指紋や埃がなくとも、点灯確認は重要です。組込んだ後で不点灯が発覚したら、もう一度ばらす羽目にになります。

これが終われば逆の手順でヘッドライトをボディへ戻して完成です。

純正HIDとfcl.パワーアップHIDキットの点灯

向かって左側が純正HID、右側がfcl.パワーアップHIDキット。
昼間でも光量の違いが目視出来るほどパワーアップしました。

反対側も同じ手順で作業

左側も全く同じ手順で作業が出来ます。左側の方が作業スペースに余裕があり簡単に取り付けが出来ました。

両側完成

両側完成です。
昼間でも青白い光源がハッキリと見えカッコ良いです。

デリカD5

fcl.パワーアップHIDキットとfcl.LEDヘッドライト同時点灯で視認性よくカッコ良くなりました。

ビフォアフター比較

ビフォアフター比較

ビフォアフター比較

ヘッドライトとフォグランプ

まとめ

デリカD5

ロービームを点けた瞬間に違いを体感出来ます。
パワーアップ品ということもあり照射距離が非常に伸びました。

純正では届かなかった距離をカバー出来る様になったので、夜間の運転に余裕が生まれます。

デリカD5

個人的にはすっきりした真っ白な夜間走行時の目疲れ低減に繋がり、前方車ボディへ反射するライトの乱反射が軽減されたと思います。

また上品な光量なので対向車にも優しくドレスアップ効果も非常に高いマストアイテムかと思います。
装着前は変えても効果が体感しにくいと思っておりましたが、fcl.パワーアップHIDキット装着後は夜間走行に違う世界が見えました。

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2020年12月09日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok