fcl.Carlifepedia

2019年08月27日
シグナスXのヘッドライトをLED化-バイクLED化シリーズ3

fcl.バイク大好きスタッフです。
バイクLED化シリーズ第3段ということで、ヤマハ シグナス(SE464)のヘッドライトをLED化してみたいと思います。

過去にマジェスティに乗ってたfcl.スタッフがいましたが、そのバイクと同じくらいスクーターの中では人気のバイクになっています。

今回のシグナスXは125ccとのことなので、小型スクーターよりは実用性・経済性ともに優れ(法定最高速度は60km/h、二人乗りOK、二段階右折不要、自賠責保険は原付(50cc)スクーターと同額など)通勤などの用途にも活躍できるバイクです。

そのようなバイクですが、今回もシグナスX大好きなオーナー様にご協力いただき、取り付けていただきました。

わたしが取付けました

  • みんカラニックネーム:AC☆@K13nismo&SE464様
  • 取付け車種: ヤマハ シグナスX
  • 型   式: SE464
  • 年   式: 2011年
  • 使用した商品: バイク専用LEDヘッドライトH4
  • 使用した道具: プラスドライバー、10mmソケットレンチ、T20トルクスレンチ
  • おすすめ工具:  特になし
  • 作業時間: 1時間
  • 作業難易度: ★★☆☆☆
  • 作業概要: ヘッドライトのバルブを交換

こんにちは。AC☆@K13nismo&SE464と申します。

今現在、乗用車(マーチニスモ)にfclさんのLEDヘッドライトを使用して、カットラインが凄くキレイに出てる事とマーチ所有前に乗ってたセレナ(C26ライダー)のフォグランプもfclさんのHIDキットを使用していて商品に信頼が出来ていたという事で、今回バイク(シグナス)にもバイク専用LEDヘッドライトを使用してみたいと思います。

取り付け手順や点灯写真も記載していますので、ご興味がある方は一読ください。

ヤマハ シグナスX
※これが私の愛車です。

今回はこちらのバイク(ヤマハ シグナスX)に取り付けしました。

fcl.バイク専用LEDヘッドライト(H4 Hi/Lo , H7)

使用した商品はfcl.(エフシーエル)LEDヘッドライトです。

カバーの取り外し

まずはライト上にあるカバーを外します。外し方は赤い丸部分のネジを取り外します。純正ではT20トルクスで固定されていますがこちらの車両ではプラスネジで固定されています。

カバー本体は軽く引っ張るだけで簡単に外すことが出来ます。

本来ならこのカバーを外すだけでもヘッドライトのバルブ交換は出来るのですが今回はフロント周りをバラしてみての作業となります。

インナーカウルとフロントカウルの取り外し

カバーを外すとインナーカウルとフロントカウルを固定してるネジ類があるので外します。(赤い丸部分)※画像は青のアルミネジでの固定ですが、純正では普通のネジで固定されてます。

更に中央部分のナット(10mm)2つと画像中央下にある10mmボルトを外します。(緑の丸部分)

ヘッドライトのコネクターを取り外し

全部のカウル類のネジを外す前にヘッドライトにコネクターを外しておきます。

ネジの取り外し

次にインナー部分を固定するプラスネジ(赤い丸部分)を外します。

ネジの取り外し

左側も同様に外します。

アンダーカウル ネジの取り外し

アンダーカウルを固定するプラスネジ(赤い丸部分)も外します。左側も同様に外しておきます。これで全てのネジ類が取れました。インナー部分とフロントカウル部分はツメで引っかかってる状態ですが、簡単に引き離せます。

ポジションランプのコネクタの取り外し

インナー部分とフロントカウル部分の引き離しの際、ポジションランプのコネクターがあるので外しておきます。

防水ゴムキャップの取り外し

フロントカウル部分は柔らか素材等の上に置いてバルブ交換作業を行います。画像はすでに取り付けされていた他社のLEDヘッドランプです。防水ゴムキャップを外す前にネジ式のファンレス部分を外してから防水ゴムキャップを外します。

防水ゴムキャップ

こんな感じで取り外します。

バルブ本体のロック解除

防水ゴムキャップを外すとこのようにバルブが付いています。バルブ本体は赤い丸の部分で引っ掛けて固定されているのでこの固定金具を外すとライト本体からバルブを取り外す事が出来ます。

LEDバルブの取り付け

いよいよfcl.製LEDバルブの取り付けです。取り付ける前に口金と本体を切り離しておきます。

口金の取り付け

ライト本体部分に先ほど分離させた口金を取り付けします。

防水ゴムキャップの取り付け

口金を取り付けた後に防水ゴムキャップを取り付けします。その後バルブ本体をツメに合わせて押しこみながら取り付けします。

ライトユニットを戻し点灯確認

取り外しした逆の手順で元に戻します。ネジ類を完全に取り付けする前に一度ヘッドライトの点灯テストをしておきます。昼間の作業での画像ですが、全て取り付ける前にちゃんと点灯しているかを確認出来ました。

ヘッドライトのバルブ交換の作業時間ですが、初めてカウル類を取り外して作業をやっても1時間弱で出来るかと思います。慣れれば30分位で作業出来ちゃいます。

交換後 LEDヘッドライト ロービーム点灯

夜になってからの点灯確認。ロービーム。

交換後 LEDヘッドライト ハイビーム点灯

ハイビーム。かなり遠くまで光が届いているのが画像でも分かります。

今まで使用してたLEDヘッドライトと比較をしてみると・・・光量はほぼ同じ数値なので極端な変化はありませんがハイビーム点灯時では以前使用してたものよりも明るいなと思いました。

まとめ

セレナやマーチニスモでfclさんの商品を使わせていただきましたが価格以上に商品の信頼性も高いので、また機会があれば使用したいと思います。

シグナスXに関連する記事

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2019年08月27日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok
カラーチェンジLEDフォグランプ
LEDヘッドライト
LINE
Instagram