2018-12-20
ポータブル洗車機(カーウォッシャー)で洗車をしてみた

洗車好きな方にとっては、最高の時期になりました。わたしも洗車が大好きなのですが、ただただ、洗車運が全くないんです。たとえば、天気予報を見てから洗車しても、二日以内に雨またはにわか雨にあう(;´Д`)とか・・・

ホイール洗車した時に限って、水溜りにハマる(+_+)とか・・・バードBOMを受ける(+_+)とか・・・念入りに洗った時程、高確率で被害を受ける(T_T)被害を受けてしまいます。しかも、洗車しようとしても立体駐車場なので、スペースなし、水道なし、タンク付きのポータブル洗浄機を使いたくても電源取れない、最大の問題点は、手洗い洗車場まで、片道30分位かけないと無い。

そんな状況下のなかで、今までの私は、緊急用に水を入れたペットボトルを常備し、とりあえず水をかけ流してました。ただ、水圧があるわけじゃないので流れ落ちるのもあるし、時間が経っていると水をかけただけで意味なしと言う事もシバシバ(;´Д`)

「高圧洗浄機のケルヒャーのようなポータブル版があれば・・・」

そんなことを思いながら、インターネットで洗車グッズを調べてみると、みんカラブログで、ある新着ブログに釘付けとなった。それは、fcl.さんで販売されている「カーウォッシャー」という商品に関するブログ記事でした。

fcl.さんのメーカーの売り文句を見ると、

・水道が近くに無くてもオッケー

・電動ポンプで少量水量で洗車オッケー

・電源は、車のシガーソケット

洗車好きの私にとっては、かなり興味のそそる商品だったので、早速購入して使用してみました。

わたしが洗車してみました

さぁ、カーウォッシャーを使用してボディ洗車もやってみよう

洗車ついでに気になってた「fclのガラス系ボディコーティング」を洗車仕上げに今回使ってみました。今回の洗車に使ったのは、

 ・fcl.カーウォッシャー

 ・傷とり研磨剤&カーシャンプー&スポンジ&拭き取りセーヌ(他メーカー)

 ・「fclのガラス系ボディコーティング」&ウィンドウ撥水剤

最初用意したのは、水を13L(大バケツ10L+小バケツ2L+ハンドスプレー1L)。途中で追加したので、最終的に使用水量は16L程度で洗車ができました。

動画を見ながら準備。

カーウォッシャーの準備

カーウォッシャーの取付は、いたって簡単で、

①シガーソケットを開ける。

②シガーソケットに入れて、通電してるかランプを確認。

③コードをドアの隙間から出す。

④ホース類を挿し込んで、フィルターをバケツに入れて完了。

洗車の手順

1.洗車場の洗車ガンの様にグリップを握って噴射。※水圧も中々。

2.車全体に水を吹いて、シャンプー。

節水を心がけるのであればブロック毎に水 → シャンプー → 水としていると水の減りが早いので、車全体に水を吹いてシャンプー洗車がいいです。洗車ガンの感覚で握ってしまうので、水の無駄使いをしてしまうので注意してください(^_^;)

3.水滴をウェスである程度、拭き取り

今回用意した「fclのガラス系ボディコーティング」は、他社製品同様に多少濡れてても大丈夫でしたが、水滴が多いと拭き取りが大変なのである程度は拭き取ってください。

コーティングの手順

①コーティング剤のスプレーを吹く

②拭き取り

③ウィンドウ撥水剤も擦り込んで終了

と、すごく簡単。fcl.のはスプレータイプなのでプロが使う商材よりも効果は劣りますが管理がとても楽で、誰でも簡単に車をピカピカにできると感じました。

ホイールも洗車

水は、ホイール一本2リットル用意。

シャワーで、泥や落ち葉を洗い流して。ジェット噴射で、ブレーキダストの汚れを落とす。ほとんど、擦ることもなく汚れが落ちる〜(・o・)

仕上げに水を拭き取って終了。

ホイール一本洗うのに、3分位!水も2リットルで十分。今までのペットボトルかけてたのと比べようがない位に綺麗になって、時間もかからないので、チョイ洗いの時もかなりおすすめです。

ヘッドライトユニットの黄ばみ除去

青空駐車が続いているので、UV劣化なのかレンズが前の様なキリッと感が落ちてきてるので、
「fcl.ヘッドライトクリーナーキット」も合わせて使ってみました。

【準備】
①fcl.ヘッドライトクリーナーキット
(研磨剤&コーティング剤、磨き拭き取り用にクロス2枚付)

②レンズ周り洗浄道具→水とウェス

【レンズ研磨】

①レンズ周りを養生
→今回、スキップ。ボンネット開けるのみ。

※ボンネット開けると、上部はボディに干渉しないため。
※研磨にポリッシャー使用しないので、細かい調整できるため。

②レンズ洗浄
→洗車したばかりであったため、水洗いとウェスで拭き取りのみ。

③レンズに研磨剤塗布

少し着け過ぎかも思う位、つけました。

④レンズ研磨

直線的に研磨剤を擦り込むように磨きますした。研磨剤の終わりのサインは、擦り込みの感じから拭き取りの感じに変わる時です。

⑤研磨剤拭き取り

磨き用のクロスで綺麗な面で拭き取り。
※この時点で、まだ研磨が足りない様であれば、③④⑤を繰り返す。

この時、研磨剤の塗布は、少し付けるorクロスに直接着けるで調整した方が良いです。

【レンズ保護】

①レンズコーティング剤塗布

ボディコーティング剤よりも水っぽいので、クロスを垂れそうな所に、置いておいた方が良いかも。

②レンズコーティング剤拭き取り

満遍なく塗りこんだら終了。

【感想】

①レンズ劣化にもよるが、あまり時間もかからずに終了。

②研磨剤だけでなく、コーティング剤もあるのが嬉しい。

 ※UV劣化を防ぐ為のコーティングを研磨して綺麗にしてるので、コーティングorウレタンクリア塗布はしたい。

③主観的だけど、研磨剤と保護剤が一緒になっているものもあるが、別々の方が安心できる。

他社製品で満足出来なかった人。まだ、研磨した事がない人。一度、試してみる価値はある「fcl.ヘッドライトクリーナーキット」です。

まとめ

カーウォッシャー総評

・普段の手洗い洗車とあまり変わらない洗車をすることが出来た(^_^)v

・最初に思っていた熱いボンネットについては、泡が乾いてシミになることも無く気にならなかった。

・戸建住宅のガレージ洗車なら、ガレージが手洗い洗車場に!洗車ガンで毎日車を綺麗な状態に保てます。

戸建住宅の人にはあるとかなり便利だと思います。※水圧がある分、水しぶきがあるので、月極駐車場の人は洗う場所を確保が必要かもです。

ガラス系ボディコーティング総評

・スプレーを吹いても、スグに硬化する様なコーティング剤でないので使いやすい(^_^)v

・映り込みもあり(^O^)v

・拭き取った後に、固形ワックスの様なヌメッとした感じあり( ̄ー ̄)ニヤリ

・使用後の残量もあまり減ってないのでクラウンで2回らしいけど、もっとできそう。

気になったら、使ってみる価値のある「カーウォッシャー」と「fclのガラス系ボディコーティング」です!

取付けた商品

おまけ

ここまで実感すると、試したくなった事が一つ。

「カー用品店で購入したパーツをすぐに取り付けたい」

普段は、購入してすぐに取り付けしたいのを我慢して洗車してから取り付けしてた。

「カーウォッシャー」で部分洗車して、取り付けできるんじゃないか?

試してみた。

ガソリンタンクのオイルフィラーキャップ。普段、念入りに洗ってないところでもあるので汚い。

洗浄開始。

「カーウォッシャー」を準備。水は1リットル準備。
※ホースのフィルターが浸からないとポンプで上げられないので。

ジェット噴射を3回したら、汚れが無くなった。拭き取って終了。
時間にして、1-2分(゚д゚)!

洗浄後。キレイになったので量販店で購入したキャップを取付け。

無事にキャップを接着できました(^o^)
省スペースで、普段の洗車並みの質を短時間で実現可能な「カーウォッシャー」は買いの一品です。また、スペースが許せば、洗車場の洗車ガン並みの水圧で洗車できるので”かなりアリ”のカーケアグッズです。

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで! 大人気LEDバルブ数量限定!プレゼント中!6/30まで!