2019-07-22
fcl.のカーシャンプーを試してみた

こんにちは、fcl.です。

車の撮影に出かけることが多く、感じるのが車が汚れているとカッコよさが半減してしまう。

当たり前の話ですよね。

カッコ良いのアドバイザーを掲げているfcl.としては、車をキレイにすることについても社内で真剣に話をするようになり、以前から販売をしているヘッドライト研磨剤やボディーコーティングに続き、今回はカーシャンプーをリリースすることになりました。

こちらです。

頑固な汚れに最適

一般的なカーシャンプー(中性)は、軽度な汚れしか落ちません。対象の車としては新車の場合や特に水垢や油膜が付着していないような車であれば、一般的なカーシャンプー(中性)でも大丈夫でしょう。

ただ、雨風にさらされる青空駐車や洗車してない期間が長くなり水垢が付着して艶がなくなった車には、今回fcl.から発売されたカーシャンプーがおすすめです。

今回モニターしていただいたai☆papaさんもおっしゃっていましたが、下地処理用のシャンプーとしてより効果を発揮します。成分としては、水垢、古いワックス(油膜など)などの汚れを洗浄するため超微粒子研磨剤が入っています。

さらに、この超微粒子研磨剤が凄いのが磨くことで艶を出す効果があります。また、小さな傷も磨いて角をなだらかにすることで、光の反射の影響で見えにくくするなど、車はキレイに、小傷も目立たなくなり、さらにfcl.で販売しているコーティング剤を一緒に施工することでより持続性・撥水性・艶感の効果を後押ししてくれます。

そのような商品が登場したことで、実際に一般のユーザー様に使用していただこうと思い、洗車が大好きな方に施工をしていただきました。

これは、洗車時の写真です。赤丸部分が施工した箇所で、撥水されていないのが分かると思います。前回のワックス、コーティングもしっかり洗浄しています。

わたしが取付けました

  • みんカラニックネーム:ai☆papa様
  • 取付け車種: スイフト
  • 型   式: ZC71S
  • 年   式: 2010年
  • 使用した商品: カーシャンプー、ポータブル洗車機、コーティング剤
  • 使用した道具: シャンプー用スポンジ、マイクロファイバークロス(仕上げ用)
  • おすすめ工具: ジャンプスターター(ポータブルカーウォッシャー用電源)
  • 作業時間: 1~2時間程度
  • 作業難易度
  • 作業概要: fcl.製品(ポータブルカーウォッシャー、カーシャンプー、ガラス系コーティング剤)を使用して、洗車~コーティング作業

スイフト(ZC71S)オーナーのai☆papaと申します。愛車は新車で購入してから、現在までほぼ毎週、年間60回以上の洗車(手洗い)を続けています。洗車自体好きではありますが、洗車は”車のコンディション”を確認するための大事なメンテナンスだと考えていて、そういう意味でも洗車をずっと欠かさず行っています。

今回ご縁があり、fcl.さんの洗車関連商品を試す機会があり、私なりにレポートさせていただこうと思います。その前にfcl.さんから頂いたアンケートに回答します。

●洗車を毎週のようにする理由?(見た目や気分など)

 
ai☆papaさん:単純に愛着があって見た目が綺麗な方が良いということもありますが、もう一つ、洗車は車のトラブル予防になると考えているからです。

洗車するためには車を動かしますし、ボディ、内装、タイヤ、エンジンルームが目に入るので自然と車をチェックすることができます。ドライブ前の点検のような感じです。

※実際、洗車中タイヤに違和感があって確認したら釘を踏んでいるのを発見したことがあります。水ジミを防ぐため、洗車は早朝に終わらせます。

●今まで使用されたカーシャンプーと比べ洗浄力はどうでしたか。

 
ai☆papaさん:水垢除去タイプのシャンプーは初めて使いました。コンパウンドが入っていますので洗浄力は強いと思います。通常の泡立てるシャンプーとは違い、新しいコーティングの下地処理の時に使うのが最適だと思います。

●新しくコーティングをするとき、既に塗られているコーティングは、いつもどうされていましたか。

 
ai☆papaさん:最近は今回モニターさせていただいたコーティング剤と同じ成長系の物を使用しているので、あまりにも水垢が目立つ時以外はそのままです。

●ai☆papaさんにとって、洗車とは?

 
ai☆papaさん:生活の一部です!!

fcl.の洗車グッズで洗車してみた

今回使用したのはポータブルカーウォッシャー、コーティング剤、今後販売予定のカーシャンプーです。

ポータブルカーウォッシャー。

接続は取扱説明書を見れば誰でも簡単に接続が可能です。ポンプは簡易防水のため、水があまりかからない場所に置きます。

電源は車内のアクセサリーソケット(シガーソケット)から取り出します。勢い良くドアを閉めると断線のおそれがあるので注意です。

※使用中はエンジンをかけた状態になります。ジャンプスターターとアクセサリーソケット変換ケーブルがあると車外で電源を取ることも可能です。

軽く握るとシャワー。

強く握るとストレート。

握り加減で好みの水量に調整が可能です。普通車で約16Lの水が必要とのことですが、個人的にはもう少し用意したほうが余裕を持って洗車できると思います。

カーシャンプー。

超極細研磨剤が含まれています。泡立てるのではなく、スポンジにつけてクリーナーのように使用します。シャンプーを使用した部分は写真赤丸部分のようにコーティングが落ちて完全に親水状態になりました。

コーティング前の下地処理に最適だと思います。

コーティング剤

付属のクロスに吹き付けて塗りこみ、乾いた部分で拭きあげます。

塗りこみ用と拭きあげ用のクロスを別々に用意するとムラ無く綺麗に施工できると思います。また、使用後にすぐ水に濡らしてはいけない等の制限が無いのは嬉しいところです。

実際の雨降り後のボンネット、綺麗に撥水しています。

コーティング水ひき動画

水の流れは水滴がコロコロ転がるというより、水の塊が波状にスーッっとひいていくような感じです。

同じく、雨降り後のウイングです。

カーシャンプー、コーティング後

全体

ボンネット

正面

サイド

リヤ(正面)

リア(斜め)

おまけ

車が綺麗になった後のドライブは最高です!!

まとめ

使用感として、ポータブルカーウォッシャーは水が用意できれば良いです。特に、鳥のフンを落としたり、ホイールを洗ったりとスポット的に使うのには、ありだと思います。

※ポータブルカーウォッシャーについて今回、洗車場ではお店の方に許可を得て使用しています。高圧洗車機が用意されたコイン洗車場で水だけ汲んで使用するのは絶対に止めましょう。

カーシャンプーは、洗浄力が強く下地処理(前コーティング落とし)に良いと思います。ただし、洗い流す水を多めに用意する必要があります。コーティング剤はムラ無く綺麗に施工できます。塗り重ねることでさらに艶が増すようなので今後さらに楽しみです。

使用した商品

関連記事

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

カラーチェンジLEDバルブ カラーチェンジLEDバルブ