2018-12-18
純正LEDフォグにfcl.のカラーチェンジを取付けた手順を教えます

VOXY-80系ー後期のフォグランプは純正LED仕様となっていますが光量が低く、視認性があまり良くありません。特に雨天時は全くと言って艮い程フォグランプの役目を果たしておらず不満に思っていました。

雨天時の視認性向上のため、ホワイト、イエローの切り替えが可能なカラーチェンジLEDバルブを取り付けます。また、純正LEDフォグはバルブ交換不可のため、ガラスレンズユニットも交換となります。

もし、同じように純正LEDフォグの明るさに不満をお持ちの場合は、参考にしていただければと思います。

今回取付けた車種と商品情報

  • みんカラニックネーム:もじゃき様
  • 取付け車種: VOXY(ヴォクシー)
  • 型   式: DBA-ZRR80W 後期-煌
  • 年   式: 平成30年
  • 取付け商品①LEDフォグ2色切替(カラーチェンジ)
    ②フォグランプユニット

  • 使用した道具:+ドライバー、-ドライバー、ラチェットレンチ(10mm)、内張り剥がし、ニッパー
  • 作業時間:2-3時間程度
  • 作業難易度: ★★★☆☆
  • 作業概要:バンパー外す➡ガラスレンズユニット交換➡カラーチェンジLEDバルブ交換➡バンパー取り付け

商品と取付け手順について

カラーチェンジLEDバルブの商品外観についてです。カラーチェンジLEDバルブは白を基調とした箱に梱包されています。箱の作りもしっかりしており、fclさんの品質意識が伝わります。

箱内部は、スポンジでしっかりと保護、固定されており配送時のダメージは問題無さそうです。取説はカーパーツにしては少々厚みが有り、取付手順の詳細が記載されており親切です。

ガラスレンズユニットの商品外観です。

ガラスレンズユニットは、段ボール箱で二重梱包されておりガラスレンズユニット内部のキズ等も有りませんでした。純正LEDフォグとガラスレンズユニットの比較画像です。

左:純正ユニット 右:ガラスレンズユニット

ガラスレンズユニットは汎用設計の為、各部の形状や大きさは多少違います。リフレクター部は純正品の方が反射性が高そうです。

裏面です。

防水処理について

注意書きに書かれている様に、シーリング剤等で防水処理が必要なようです。カスタム素人の私としては、防水処理不要な品質を希望します。

VOXY-80系後期のフォグはバンパーに隠れる箇所が多いため、防水処理の仕上がりは多少雑でも目立たないでしょう。

処理の手順はfcl.さんから出ている動画を確認ください。

バンパー取り外し

純正LEDフォグランプユニットをガラスレンズユニットに交換する為、バンパーを取り外します。タイヤハウスからインナーを捲り、アクセスする方法も有りますが、作業スペースが狭く、視野も悪いためバンパーの脱着をオススメします。

タイヤハウスの赤丸部のビスをラチェットレンチ(10mm)で外します。青丸部はネジ穴を横に向けロックを外しピンを引き抜きます。

バンパー下部、赤丸部のビス(6カ所)を外します。青丸部(左右2カ所)のピンを抜きます。

フロントグリル上部の赤丸部のピン(4カ所)を抜きます。
※「クリップ外し」が有ると作業性が良いです。

青丸部にフォグランプへのカプラーが有るので外します。これでバンパーが外せる状態となります。

タイヤハウス側のバンパーから外します。タイヤハウスのバンパーを外側に向かってゆっくり引っ張ります。赤丸部(3カ所)で固定されています。

※コツ…タイヤハウス内、ビスが有った箇所のバンパーと車体の重なりを外してから作業すると外れ易い

バンパー左右を外したら、フロント部を手前に引く事でバンパーが外れます。

※バンパー外す時は2人以上で作業して下さい!

バンパーが外れた状態です。

フォグランプの交換

純正LEDフォグランプユニットの取り外し青丸部のカプラーを外し、赤丸部のビス(4カ所)を外します。

フォグランプユニットとアダプターが外れます。

ガラスレンズユニットにカラーチェンジバルブを差し込み時計周りに回転させ固定させさる。

ガラスレンズユニットのリフレクタカット面と、LEDバルブの発行面が平行になっていることを確認する。

※調整はイモネジで行う。
※この作業はガラスレンズユニットをバンパーに固定する前の方が作業しやすいです。

逆の手順で、アダプター、ガラスレンズユニットを赤丸部ビス(4カ所)で固定します。

各種カプラ-を接続する。

※カラーチェンジLEDバルブは極性は有りません。

フロントグリル上部のカプラーを接続し点灯確認を行う。

ドライバーと配線をタイラップで固定する。

※私は各カプラーに防水テープを巻きました。fcl.さんの方では水が入らないようにカプラーを下向きに設置することをおすすめしておりますので、取付けの際は、水の侵入、サビ防止として処理をおすすめします。

バンパーを取り付け、フォグランプのカプラーを接続して完了です!!

純正LEDフォグと明るさ、色味を比較

純正LED画像

カラーチェンジLED画像-白

カラーチェンジLED画像-黄

取付けた感想

純正LEDとカラーチェンジLEDの光量の違いは一目瞭然です!

ホワイトは発色良くしっかり路面を照らしてくれます。イエローフォグランプは濃い黄色とレモンイエローの2種類有ると思いますが、fcl-カラーチェンジLEDバルブは濃い黄色です。

雨天時の視認性向上には効果的だと思います。カラーチェンジLEDバルブは状況に合わせ、ホワイト、イエローの使い分けが可能なのでオススメです!!





80 VOXYのオーナー様におすすめ記事

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

190920決算セール 190920決算セール