2018-06-10
50エスティマのヘッドライトを55W化にしてみた

人気の50エスティマにfcl.純正HIDパワーアップキット(タイプA)を取付けてみました。今回はエスティマオフ会で有名なユーザー様に取付けを依頼して取付けから使用後の感想まで聞いてみました。

50エスティマの取付け方法は?
取付け後の明るさの違いは?

詳細が気になる方は、みんカラユーザーのヒロボー様のレポートをご覧ください。

今回取付けた車種と商品情報

  • みんカラニックネーム:ヒロボー様
  • 取付け車種: エスティマ
  • 型   式: ACR50W
  • 年   式: 平成21年式
  • 取付け商品: 純正HIDパワーアップキット
          (純正バラスト形状)タイプA D2S/D4S

  • 使用した道具:プラスマイナスドライバー ソケットレンチ ラジオペンチ クリップはずし 養生テープ
  • おすすめ工具:10cmソケットドライバー 内張りはがし 
  • 作業時間:1時間30分程度
  • 作業難易度: ★★★☆☆
  • 作業概要:ヘッドライト外し、バラスト・バーナー交換
  • 作業者のコメント
    今回は純正バラスト形状のHIDパワーアップキットを取付させていただきました。作業に関しては、ポン付けでしたのでとても簡単で、初心者の方でも容易だと感じました。今まで雨の日など、純正HIDの光量に不満がありましたが、とても見やすくなり、安全に運転できると思います。ありがとうございました。

純正型パワーアップキットの取付けレポート

純正HIDパワーアップキット D2S/D4Sを使用し、純正HIDから55W 8000Kにパワーアップします。

今回はバンパーを外さず、ずらした状態で作業を行うため、ヘッドライトの取り外しの準備は以上になります。(この方法ではバンパー下部のクリップやビス等を外さず作業ができます)


【使用した道具】

M10 ソケットレンチ
プラスマイナスドライバー
ラジオペンチ
クリップはずし
養生テープ


まず、ボンネットを開けるとカバーがあります。
クリップで止まっておりますのでプラスドライバーでふたを上げクリップ外しで外していきます。力任せにやると壊れやすい為注意が必要です。


次に、グリルです。
左右がビス、中央がクリップで止まっています。中央はのクリップはマイナスドライバーで外しました。


フェンダー部の上部はビス止め、下部はクリップで止まってます。下部のクリップはマイナスドライバー等でひねってから外します。こちらも無理やり外しますと壊れやすい為注意が必要です。

(なお、フェンダー上部のボルトは、私は純正では無く違うものがついておりますので注意ください。変更しております。)



バンパー中央にクリップが止まってますので外し、ロアグリル左右ビスが止まっています。こちらは、M10ソケットレンチを使用し外しました。


作業をする際は、傷防止のため養生テープ等で保護することも重要です。

今回はバンパーを外さず、ずらした状態で作業を行うため、ヘッドライトの取り外しの準備は以上になります。(この方法ではバンパー下部のクリップやビス等を外さず作業ができます)

作業が慣れておられる方は、バンパーを取り外してから作業するほうが、やり易いかもしれません。



フェンダー部から徐々にずらしていきます。写真くらいずらすことができればヘッドライトは取り外すことができます。


それではヘッドライトを外していきます。フェンダー部には4点ビス止めされています。左右とも前方に1つあるビスを外します。


ヘッドライトの取付ビスを2点はずします。ドライバーで外れます。ヘッドライトの内側にプラスチックのカバーがあるのでこちらも外したらOKです。


あとは、慎重にヘッドライトを外します。手前側にひくと簡単に外れます。


ヘッドライトが外れたら、各ソケットを抜き取り外します。ソケットは形状等がすべて違いますので印等なくても大丈夫です。外しにくいものがあればマイナスドライバー等で押し込んで外すと簡単です。


ヘッドライトが外れたらいよいよバラスト、バーナーの交換に移ります。まずは防水カバーを外します。


バーナーのソケットを外します。ソケットの外し方はソケット部に記載があるので、OPEN方向に回すと外れます。


純正バラストの取り外しです。
ビス4点で止まっていますので外すと、バラストが外れます。


左 純正バラスト
右 パワーアップキットバラスト

形状が全く同じのためポン付けです。


純正バラストに1つソケットがついてますので取り外し、パワーアップキットのバラストに取付します。


あとは、慎重にパワーアップキットを取付け元に戻していきます。ごちゃごちゃした配線も無くこんなにスッキリに簡単に取付できます。


最後に純正のバーナーを取り外し、新しいバラストとバーナーを接続します。バーナーを固定しているアームを内側にやると外れます。


最後にヘッドライトのカプラーをつないで、点灯チェック、およびカラ焼きです。みんカラの諸先輩方を参考にして、カラ焼きを5分しました。


あとは逆の手順で元に戻して完成です。8000Kに変更したため、青白くなりました。左右でヘッドライトのカバーの色が違うので、光り方は異なります。


取り付け前


取り付け後

取付前は晴れ、取付後は雨でしたが、以前の晴れの日の日よりも見やすくなり、さらに遠くまで照らすようになりました。明らかに光量アップしてるのが実感できました。


取り付け前


取り付け後

前から見ても、とても明るいです。


取り付け前


取り付け後

フォグの3000Kと色の差ができ、とてもいいと思います。かなりかっこよくなりました。

今回取付けた商品



ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

9,800円以上のご購入でLEDバルブプレゼント!2/28まで 9,800円以上のご購入でLEDバルブプレゼント!2/28まで