fcl.Carlifepedia

2021年03月02日
【交換方法】30系ヴェルファイアのナンバー灯(ライセンス)を明るくしてみた

【交換方法】30系ヴェルファイアのライセンスランプをLED化

30系ヴェルファイアのオーナー koichikajikawa 様にご協力いただき、ライセンスユニット(ナンバー灯)の取付レポートをいただきました。

純正ライセンスユニットごと交換することでとても明るくなりますので、興味がある方は参考にしてみてください。

それでは交換方法を見ていきましょう!

わたしが取付けました

  • ニックネーム: koichikajikawa様
  • 取付け車種: ヴェルファイア
  • 年   式: H.27年
  • 型   式: DBA-AGH-30W
  • 使用した道具:内張はがし、ラチェットレンチ(10ミリ)、ラジオペンチ、ビニールテープ(養生テープ)
  • 作業時間:  Total 1時間
  • 作業難易度: ★★☆☆☆
  • 作業概要:  バックドアの内張、バックドアガーニッシュを取り外し、既存のライセンスランプと交換します。
  • 作業者のコメント:夜間のバックモニター画像が非常に明るく鮮明になりました。

こんにちは、koichikajikawaです!

ヴェルファイアおよびN-BOXを所有しており、ヘッドライトなどヒカリモノ系を中心にDIYスタイルでカーライフを満喫中。最近は一眼レフカメラでの車撮影にハマっています。

バックドアの内張およびバックドアガーニッシュを取り外すので少し手間です。

また商品取付時に硬い部分があるのでラジオペンチがあるとよいです。

今回取り付けた商品はこちら

【左】純正ライセンスユニット【右】fcl.のライセンスユニット

左が純正ライセンスユニット、右が今回取り付けていくfcl.のライセンスユニットです。見ての通りLED数が全く違い、非常に明るく光ってくれそうです。

元々純正ライセンスランプもLEDです。LEDは寿命が長いので交換を想定しておらず、交換手順が若干難しいです。

使用した工具

工具は写真にあるものが必須だと思います。

30系ヴェルファイアのライセンスランプの交換手順

それでは早速取り付けを行っていきます

バックドアの内張

バックドアの内張を取り外していきます。
まず、バックドア下部の赤丸部分のクリップを取り外します。中心を押し込んでから全体を引き抜きます。

左側の取っ手部分は、内張はがしを上側から入れて取ります。下側から入れると取れないので注意です。

バックドア上部のパネルを取り外し

次に、バックドア上部のパネルを取り外します。
中央と左右で3つのパーツに分かれています。境目に内張はがしを入れて、中心のパネルから取り外します。

高級車なので、内張がしっかりと止まっていますね。

パネルを取り外し

あとは左右のパネルを手で取り外します。クリップで止まっているだけですが結構堅いです。

内張を取り外し

メインの内張を取ります。赤丸部分に手をかけて力をかけてはがします。堅いと思いますが、壊れはしないし落ちてもこないので大丈夫です。

バックドア パネル

はがしたものがコチラ。たくさんのクリップで止まっています。車体側にクリップが残っている場合は外して内張に戻してあげましょう。

バックドアガーニッシュの取外し

バックドアガーニッシュを取り外すために、赤丸部分4か所のビスを10ミリのラチェットレンチで取り外します。

取り外したビス

ちなみにビスの長さは中心とサイドで違うので、混ざらないように注意です。(中心のほうが長い)

バックドアガーニッシュを取り外し

バックドアを一旦閉じて、バックドアガーニッシュを取り外します。
赤丸部分に内張はがしを入れて手前に外します。

バックドアガーニッシュ

外したものがコチラ。先ほどの4つのビスはこのガーニッシュをとめていたものです。

純正ライセンスユニットの取り外し

これで純正ライセンスユニットの取り外しが可能になりますので、再びバックドアを開けて純正ライセンスユニットを取り外します。

ユニットに接続されたカプラーは、ツメを押しながら引き抜きます。純正ライセンスユニットはサイドのツメを押しながら車外側へ押して取り外します。この時、落とさないように注意してください
落下防止の為、あらかじめテープ等で純正ライセンスユニットを仮止めしておいた方がいいと思います。

純正LEDバックランプとfcl.LEDバックランプの点灯比較

外したカプラーに商品をつなげて比較してみました。光量が全然違います。

fcl.のライセンスユニットを取り付け

純正ライセンスユニットを取り外せたら、取り外したときと逆の手順で、車外側(表側)からfcl.のライセンスユニットをはめます。

表側からはめ込むとき、少し硬い場合があります。押し込んでも、カチッとならない場合は、内側からラジオペンチなどで引っ張ります。

裏側で作業する時に外れてボディやライセンスユニットに傷をつけないよう、写真のように表側をテープで仮止めしてください。

バックドアガーニッシュを再度取付

→内側からラジオペンチで引っ張り片側ずつツメをかけました。

両側ともツメをかけたらカプラーを接続してもう一度点灯確認します。

バックドアガーニッシュを再度取

両側とも交換できたらバックドアガーニッシュを元に戻しますが、その前にウィンドーとガーニッシュの間のゴム部分をビニールテープで上側に吊ります。

こうしておけばガーニッシュがゴムを内側に食ってしまうことを防ぐことができます。

取付完了

あとは全て逆の手順で戻して完了です。
非常に明るくなりました。

ビフォアフター比較

純正LEDライセンスランプとfcl.LEDライセンスランプ

純正ライセンスランプとの比較。非常に明るくなりました。

まとめ

以上、30系ヴェルファイアへライセンスユニットの取付方法でした!

見た目のカッコよさはもちろんのこと、ナンバー灯が明るくなることでバックカメラの映像も見やすくなり実用性も抜群です。

今回ご協力いただいた koichikajikawa様はInstagram で活躍中ですので、ぜひアカウントもチェックしてみてください!

今回取り付けた商品はこちら

お近くの取付業者を検索お近くの取付業者を検索
2021年03月02日

カテゴリ

車種

部位

商品

  • instagram
  • instagram
  • youtube
  • cartune
  • tiktok