2018-08-22
レクサスIS 30系前期のバックランプをLED化!

最新のクルマはほぼほぼLEDで統一されていますが、わたしの愛車レクサスIS 30系前期もLEDで統一されています。

が・・・・

バックランプは、ハロゲンです・・・

クルマ弄りが好きなわたしにとって、ライトの光は統一したいという願望があるので、早速バックランプをLEDバルブに交換したいと思います。fcl.さんのLEDバルブを取付け、見た目・明るさ・バック時の視認性について比較したいと思います。

わたしが比較しました。

  • みんカラニックネーム:小波様
  • 取付け車種: レクサスIS
  • 型   式: 30系前期
  • 年   式: 平成27年式
  • 取付け商品: LEDバルブT10/T16 プロジェクタータイプ
  • 使用した道具: 内張りはがし
  • おすすめ工具
  • 作業時間: 5~10分
  • 作業難易度: ★☆☆☆☆
  • 作業概要:内張りをめくってバルブを交換するだけ
  • 作業者のコメント
    内張りもクリップを全部外す必要はなく、左右3箇所ずつ外してめくれば交換できます。特殊な工具や知識はいらないので、誰でも簡単にできます。

バックランプをLEDバルブに交換

内張りを留めているクリップを左右3箇所ずつ外します。片方ずつで可(画像は左側)

内張はがしがあれば簡単にできます。

3箇所外したら、内張りをめくるとバックランプのソケットが見えます。ソケットをひねれば外せますが、テールランプの配線がそんなに余裕がなかったので、無理に引っ張ると断線に繋がりますので注意してください。

ソケットを外したら、バルブを交換するだけです。反対側も同じように交換し、点灯確認し問題なければ元に戻して完了です。

バック直後などバックランプを使ってすぐはバルブが発熱しているので火傷に注意して脱着してください。また、バルブ取り付け時もまっすぐ奥まで刺さっているか確認し、脱落しないよう確認してからソケットを固定してください。

純正ランプと比較してみた

元々のランプ・・・LEDが主流となっているこの時代にこれは気になりますね。

早速交換すると、綺麗な白色に♪

※同じシャッタースピード・絞り・ISO・焦点距離で撮影

左右で比較するとこんな感じです。

テールランプがLEDなので、バックランプもLEDの方が見た目が良いですね!しかし、気になるのは明るさですね。いくら見た目が良くても視認性が悪ければ事故につながります。

こちらが元々のハロゲンランプ

fcl.LEDバルブ交換後

※同じシャッタースピード・絞り・ISO・焦点距離で撮影

遠くまで光が届いていることが分かります。バック時の視認性については、バックカメラの映像で比較をすると、

元々のハロゲンランプ

交換後

後ろの車がより鮮明に映っていることが分かります。

実際に運転した印象としては、残念ながら劇的に明るくなった印象はありませんが、LEDにしたから視認性が悪くなったということは一切ありません。fcl.さんから30Wタイプ(T16)も販売されているので、ハロゲンランプじゃ暗いと感じる場合はそちらのほうがおススメかもしれません。

LED化は定番のドレスアップですが、機能・実用性を損なわないのは大前提ですね!でも、色味が統一され大変満足です。取付けした商品はこちらになります。

バックランプがハロゲンのままの方は、この機会にLED化検討してみてください。

ブログ内を検索
商品を購入したい方はこちら
商品を購入したい方はこちらのバナーをクリック
ブログについて

お客様の声や、ライト・部品の取付け方法など、fcl.のお役立ち情報を発信していきます。

車のライトに関する耳よりな情報をぜひご活用ください。

カテゴリー
1
2
3
4
5
お知らせ

© fcl. & fcl.Monobee all rights reserved.

Amazonトップ Amazonトップ